日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

日本ラグビーフットボール史
目次

日本ラグビーフットボール前史 ユニオン成立まで

Ⅰ 日本ラグビーの創始

《ラグビー発祥を語る唯一の証人=貴重な記述》

《2人のキャンタブとその役割》

《すべては同好クラブから》

《ケンブリッジ大学とラグビースピリッツ》

《寄宿舎制度の恩恵》

Ⅱ YC&ACと日本ラグビー

《陰の主役はE.B.クラーク》

《YOU EMPLOY JUDO》

《トライ1号とドロップゴール1号》

《蹴球部の成立とその背景》

Ⅲ セブンFWはオールブラックスから

《1冊の技術書がもたらした決断》

《亜流から生まれたセブンFW》

Ⅳ 古都に三高ラグビーが誕生

《夏休みは普及活動へ》

《古都京都にラグビーの息吹が》

《三高ラグビーも寄宿舎から》

《日本チーム同士が初めて対戦―新時代の幕が開けた》

《同志社ラグビーの功績と存在感》

Ⅴ ようやく東都にもラグビーのうねりが日本協会の設立と興隆時代へ

《早稲田ラグビー誕生の意義》

《草創から初期の早稲田を支えた京都人脈》

《部活動の発進を阻む早慶交流の断絶》

《早慶定期戦と主催者AJRAの役割》

《ラグビー界に衝撃の入場料徴収》

《早慶ラグビーに触発された東都の諸大学》

《メッカ神宮競技場と東都のラグビー》

《そのころ関西のラグビーでは…》

《クラブ活動の原点となった東西対抗》

《関東に地域協会が設立される》

《1年遅れて西部協会も発進》

日本協会の設立と興隆時代へ

Ⅰ 日本協会の設立

《協会成立の経緯と背景》

《初代会長問題と役員人事》

Ⅱ 秩父宮さまと日本ラグビー

《私とラグビー》

Ⅲ 大学ラグビーの興隆

《早稲田が豪州へ遠征》

《創始校の牙城崩れる》

《京大エイトFWの全国制覇》

《再燃した京大発の入場料問題》

Ⅳ 関西に2つの競技場

《日本に初めて専用グラウンドが》

《甲子園南運動場と全国中等学校大会》

《戦前の全国高専大会》

《主な改編要綱》

《実業団と軍隊ラグビー》

Ⅴ 日本代表が開いた世界への窓

《日本とカナダの国際交流がはじまる》

《豪州&NZ大学選抜が相次いで来日》

Ⅵ 関東大学に新しい波

《5大学リーグが新たに発足》

《創始校倒れて新旧が一線に…》

《舞台は変わって盟主の座は早と明》

《早明の真髄は横と縦の「ゆさぶり」》

《ルール改正とエイトFW》

《戦前の関東大学は慶應の復活とともに終焉へ》

敗戦の焦土から復興へ

Ⅰ 国敗れて「ラグビー」あり

《1943(昭和18)、44(昭和19)年の空白を乗り越えて》

《ラガーマン手づくりのラグビー場と国への移管》

《九州協会が独立・西部協会は関西協会へ》

《日本協会の体協脱退と復帰》

《日本協会創設35周年と50周年記念祭》

《日本ラグビーの50周年記念式典》

Ⅱ 多様化する協会活動

《日本協会機関誌の復刊》

《ラグビースクールと少年対策》

《ラグビー会場にフェンス広告が登場》

《キャップ制度の発足》

《揺れる大学ラグビー界》

《日本の女子ラグビーが正式加盟》

定期戦から選手権時代へ

Ⅰ 日本選手権がスタート

《前身はNHK杯》

《日本選手権の変遷》

Ⅱ 社会人大会からトップリーグへ

Ⅲ 大学選手権に青春をかけて

Ⅳ 戦後は全国中学(旧制)から高校大会へ

《全国中学大会の復活》

《高校ラグビーと高体連》

《全国中学・高校大会と記録の数々》

《高校日本代表の海外遠征》

《決議文》

Ⅴ 日本協会主催の各種全国大会

《三地域対抗ラグビー》

《全国クラブ大会》

《全国地区対抗大学大会》

《全国高等専門学校大会》

戦後の国際交流

Ⅰ 来日した大学ラグビーのエリートたち

《はじめに》

《初めて目にした創始国のラグビー》

《ダークブルーの次はライトブルーのケンブリッジ大学》

《オックスブリッジ大学連合とナイトゲーム》

《南半球から豪州大学選抜2度目の来日》

《黒衣のパワフル3軍団》

Ⅱ 初めて見る世界のナショナルチーム

《夢の創始国イングランド代表が初来日》

《レッドデビルの来襲》

《相次いで5カ国対抗の勇者たちが…》

《初めて目にする華麗なシャンパンラグビー》

《日本ラグビーに変化の兆し》

Ⅲ 日本代表の海外遠征

《初遠征でオールブラックスJr.を破る》

《第2次ウェールズ遠征の成功》

《日本代表の遠征を総括すると》

Ⅳ 国際社会の地域大会と日本ラグビー

《タイ国の提唱で始まったアジア大会》

《環太平洋を巡る3つの大会》

《ジャパンを支えるエージグループの強化》

《U19世界大会で初の7位に》

Ⅴ 花開いたセブン・アサイド(7人制)ラグビー

《YC&ACセブンズとジャパン・セブンズ》

《アジアのセブンズは香港》

《アジア競技大会で7人制日本代表が悲願の金メダル達成》

《日本をわかせた世界のスーパーチームが来日》

日本ラグビー新時代

Ⅰ 日本ラグビーの組織改革

Ⅱ 日本代表強化新体制

Ⅲ ジャパンラグビートップリーグの創設

《トップリーグ創設》

《トップリーグ12チームと仕組み(開幕当初)》

《トップリーグの元年の成果》

《トップリーグの改革》

《トップリーグ4シーズンの記録》

《トップリーグのめざすもの》

Ⅳ 中長期競技力向上プラン(ATQプログラム)策定

《ATQプログラム策定》

《「ターゲット2011」と「ターゲット2015」以降》

Ⅴ レフリーソサエティとグレーディングレフリーについて

1. 昭和40年代~50年代

2. 昭和60年代~現在までワールドカップと日本

RWC2019日本大会開催まで10年の歩み

2011年までの日本の男女7人制

2012年からの7人制日本代表強化

リオ五輪

2020年に向けて

スーパーラグビー参戦

はじめに

スーパーラグビーとは

日本におけるスーパーラグビーの立ち上げ

スーパーラグビー参戦の条件

ジャパン、南ア撃破

2016シーズン総括

おわりに

座談会 RWC2019年日本大会への道のり

日本協会と三地域協会との統合

日本のラグビーフットボール協会の生立ち

日本ラグビーフットボール協会統合への歩み

関東ラグビーフットボール協会の取り組み

関西ラグビーフットボール協会の取り組み

九州ラグビーフットボール協会の取り組み

JWC(U20)参戦と開催

1.Junior World Championship

2.2008 JWC (U20)Wales

参加各国の選手の状況

2008 JWC試合結果

JWC日本代表チームの現状と課題

3.2009 JWC(U20) 日本開催

JWC日本開催の意義

2009 JWC試合結果

2009 JWC 大会運営について

4.2010 JWRT (U20) ロシア大会

Junior World Rugby Trophy(JWRT)

JWC昇格を逃す

5.2011 JWRT (U20) グルジア大会

Junior World Rugby Trophy(JWRT)

6.2012 JWRT (U20) アメリカ・ソルトレイクシティ大会

Junior World Rugby Trophy(JWRT)

7.2013 JWRT (U20) チリ・テムコ大会

Junior World Rugby Trophy(JWRT)

8.2014 JWRT (U20) 香港大会

Junior World Rugby Trophy(JWRT)

9.ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2015 イタリア大会

10.ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2016 イングランド大会

JRFU普及育成 2008-2018

1.登録競技者・チーム数の推移

2.普及戦略

(1)2008-2015

(2)2016-2020

①普及基盤の整備

②育成環境の整備

③JR2019/RWC開催都市・キャンプ地との連携

④ラグビー関連団体との連携

3.小学生・中学生のラグビー

(1)小学生のラグビー

(2)中学生のラグビー

(3)タグラグビー

4.指導者の養成

5.RWC2019・Tokyo2020のレガシー

トップリーグチームから

試合記録

日本選手権大会

全国大学選手権大会

全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園大会87回から)

全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会の立上げから第20回大会まで

全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会(4月 埼玉県熊谷市)

「サニックスワールドラグビーユース交流大会」について

全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会

全国U18女子、高校代表遠征の記録

高校日本代表遠征(U19)記録

全国高専大会

ワールドカップと日本

初参加から5大会連続出場の偉業

《5大会連続出場と世界のレベル》

《W杯と日本代表チームの記録 第1回大会~第5回大会》

ルール改正の変遷

Ⅰ 主なルール改正について

はじめに

ルール改正の変遷をたどる目的

資料収集の対象と方法

主なルールの改正点と変遷

1.昭和20年代(1945~1954)

2.昭和30年代(1955~1964)

3.昭和40年代(現代ラグビーの幕開け 1695~1974)

4.昭和50年代(1975~1984)

5.昭和から平成の時代(1985~1994)

6.オープン化から「ラグビー憲章」の時代(1995~2006)

まとめ

今後のルール検討の課題

結語

2008年~2017年のルール改正の変遷とレフェリング

ルール改正の変遷

2008年~2017年ルール改正

RWC統計データからルール改正の評価

まとめ

レフェリング(TMO)

2-1 TMOシステム導入

2-2 TMOシステム導入の評価

Ⅱ メディカル・安全対策部門の流れ

医務委員会の歴史

メディカルコミッティ設立

メディカルサポーター制度

2008年~2017年 安全対策に対する日本ラグビーフットボール協会の取り組み

安全がすべてに優先

安全対策推進委員会

参考

脳震盪に対する対応の変化とHead Injury Assessment (HIA)

はじめに

脳振盪に対する対応の変遷

HIAとは

おわりに

アンチドーピングムーブメント

平成19年~28年 10年の歩み

1.ドーピング検査

2.アンチ・ドーピング教育・啓発

引用・参考文献