壬生町/地域史料デジタルアーカイブ

壬生の歴史
目次

[表紙]

[表紙]

はじめに

[はじめに]

目次

[目次]

[口絵]

[口絵]

壬生の史跡案内

[壬生の史跡案内]

第1章

壬生の夜明け

第1節 旧石器時代

[旧石器時代]

第2節 縄文時代の壬生

[縄文時代の壬生]

第3節 弥生時代の壬生

[弥生時代の壬生]

第4節 立ち並ぶ古墳

1 大和政権と古墳文化

2 壬生勢力の形成

第2章

慈覚大師とその時代

第1節 古代国家と下野国

1 律令制と人々のくらし

2 下野国の成立

3 東山道と下野国府

第2節 下野の仏教

1 仏教の広がりと寺院の建立

2 下野薬師寺

3 下野国分寺

第3節 慈覚大師・円仁

[慈覚大師・円仁]

1 誕生と生い立ち

2 比叡山や唐での修業

3 天台座主

4 東北地方と円仁

第3章

壬生氏のおこりと滅亡

第1節 中世の様子

1 武士が力を持ってきた世の中

2 下野国府と平将門の乱

3 中世初期の壬生

第2節 壬生氏の誕生

[壬生氏の誕生]

第3節 壬生氏の発展-壬生氏5代の歴史

1 初代 彦五郎胤業

2 第2代 綱重

3 第3代 綱房

第4節 戦国時代の壬生氏

1 第3代綱房・4代綱雄

2 徳雪斉周長・第5代義雄

3 小田原攻めと壬生氏没落

4 壬生氏のその後

第5節 中世の民衆

1 民衆の力

2 壬生氏と民衆

3 地名からわかること

4 中世の壬生の文化

第4章

城と城下町と村

第1節 壬生藩の支配者

1 城主の移り変わり

2 新しい城下町壬生

3 黒川の流れをかえた三浦氏

4 松平氏と壬生城の改築

5 加藤氏と七色掛物

6 長く続いた鳥居氏の時代

第2節 城下町のようす

1 城下の町並み

2 将軍の壬生宿城

第3節 村の社会と生活

1 壬生の村々

2 村の支配

3 まぐさ場と用水

4 新田開発

5 ききんと荒れる村

6 農民の抵抗

第4節 交通と物の往き来 -道と川-

1 助郷制の成立

2 安塚村の助郷負担

3 壬生五河岸

4 壬生の河岸の働き

5 筏の川下げ

第5節 民衆の楽しみと教育

1 ある農民の一年

2 手習塾

3 庶民の文化

第5章

近代への幕開け

第1節 開国後の壬生

1 ペリーの来航

2 壬生藩の尊皇攘夷派の人々

3 水戸天狗党事件と壬生藩

4 幕府が滅びる直前の壬生

第2節 戊辰戦争と壬生藩

1 戊辰戦争

2 下野の世直し一揆

3 安塚の戦い

4 利鎌隊と蒼龍隊

第3節 明治の初めの壬生藩

1 藩政の改革

2 廃藩置県

3 用水の開発

第6章

近代の壬生

第1節 自由民権運動

1 自由民権運動の起こり

2 壬生の自由民権運動家たち

3 自由民権の演説会

4 鯉沼九八郎と同士たち

5 加波山事件

第2節 町村制と選挙

1 壬生三か町村の成立

2 条約改正をめぐる対立

3 衆議院議員選挙と新井章吾

第3節 日清・日露戦争と村々

1 日清戦争と民衆

2 戦時中の村々

3 日露戦争と壬生

4 戦後の村々

第4節 二つの世界大戦と壬生

1 第一次世界大戦の影響

2 関東大震災と壬生

3 交通の発展

4 教育の広まり

5 経済の混乱と天災の中で

6 戦争の拡大と生活

7 戦時下の子供たち

第7章

壬生の近代化

第1節 戦後の開拓事業

1 戦後の改革と民衆のくらし

2 進む開拓事業

3 新しい教育の出発

第2節 新しい町づくり

1 町村合併

2 壬生町の工場誘致

3 おもちゃのまちの誕生

第3節 ときめきのまち壬生

1 公共施設の充実

2 商業と農業の変化

3 「緑と太陽と空間を生かした」町づくり

第8章

壬生の民俗

第1節 人の一生

1 この世に生まれて

2 子どものお祝い

3 成人と結婚

4 厄年・年祝い

5 葬 式

第2節 年中行事に残る家のまつり

[年中行事に残る家のまつり]

1 正月の行事

2 春の行事

3 夏の行事

4 秋の行事

5 冬の行事

第3節 寺社の祭り

[寺社の祭り]

第4節 野仏をめぐる信仰

[野仏をめぐる信仰]

附 壬生町の概要

[附 壬生町の概要]

壬生偉人伝 壬生のあゆみと文化

[壬生偉人伝 壬生のあゆみと文化]

[奥付]

[奥付]