守谷中央図書館/わたしたちの守谷市

『守谷のふるさとかるた』
目次

『守谷のふるさとかるた』解説

あかぼっけ かさまかいどう いちりづか

いえやすが むりにわたった がまんのわたし

うみのあと かくしょにのこる かいのつか

えまをみよ やさかのたから かのうのえ

おとごには しそんはんえい いしのかみ

かやぶきの やねにこけむす やしきりん

きぬがわの ながれみまもる たきしたばし

くようのもん かいぜん・ちょうりゅう・えいせんのてら

けんさきは きぬととねとの ごうりゅうてん

ごうしゅうっぱら じょうもん・こふんの せっきどき

さいりんじ そらのなごりを いっさのひ

しちにんの かげむしゃねむる かいぜんじ

すだじいの しげれるてらに つなぎごま

せんしょうの ねがいこめたり すずかのいわれ

そのむかし ひとさわがせた おばけいし

たてたのは まさかどなりとの かいぜんじえんぎ

ちょうりゅうじ たからはながまさ きんぜいれい

つううんまる すいうんさかえた しものかし

てつのえび みょうちんさくの ぶんかざい

とらやくし るりすいもとめ ひともうで

なつまつり やさかじんじゃの おおのぼり

にぎわいし むかしをしのぶ めいじじんぐう

ぬまざきの えいせんじにある りゃくえんぎ

ねぎりには せんげんじんじゃの ちからいし

のぎさきの かしにひびきし とてばしゃのおと

はなふぶき いえやすがぞうの さいりんじ

ひとますで へいしかぞえて しゅつじんす

ふえたいこ ひょっとこおどりに えがおのわ

へいしんのう かんはっしゅうを おさめたり

ほたるまい やつだにひびきし こらのこえ

まつなみき しせきのいわれ かたるみち

みょうけんかく まさかどのゆめ かけめぐる

むくのきと しゃかむにぶつの だいえんじ

めいじまで しるしてほぞん ごようどめ

もりやのな やまとたけるが つけたとか

やごうでよび ゆいでのうさくした もりや

ゆりがさき こじゅけいとびたつ まつのかげ

ようさんに いわたたろうは なをのこす

らくのうへ くろうむすびし おおやしま

りかいする きょうどのれきし かるたとり

るいのこし まさかどしのぶ もりやじょう

れきししる のぎさきさんやの おおえのき

ろくじゅうろくしゃ まめまきにぎわう おおきのやしろ

わにぐちは あたごじんじゃの たからもの

ほうねんを ねがっておどる とうろうおどり

かわうそが むかしすんだか もりやぬま