弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編5(近・現代2)
目次

新編弘前市史 通史編5(近・現代2)

[口絵]

完結に寄せて

監修を終えて

凡例

新編 弘前市史 通史編5(近・現代2) 目次

第四章 戦前・戦中の弘前

第一節 軍都弘前の展開

一 大火と町村合併

大火と上水道設備の向上

大火の遺産と廃娼運動

市域の整備と町村合併

和徳村との合併問題

二 弘前市にとっての東北振興

連続する災害と東北振興政策

岩木川改修運動

市の衛生対策と生活改善運動

昭和弘前市民の一側面

三 満州事変と第八師団の活躍

弘前市にとっての第八師団

歩兵第三一連隊移転問題

郷土部隊の出征

四 秩父宮の来弘

軍隊と皇室(皇族)

秩父宮の歩兵第三一連隊赴任

秩父宮夫妻と弘前市民

五 満州移民の促進

移民問題の背景

当局による移民の促進

第二節 銃後弘前の市政と生活

一 日中戦争‐動員される市民‐

日中戦争の勃発

日中戦争の勃発への着手

二 健民運動の展開

国民体力の管理化

人的資源の動員と健民運動

健民運動と女性問題

三 銃後の市民生活

銃後後援強化週間の実施

軍人遺家族の援護対策

軍人援護政策と女性の位置づけ

四 太平洋戦争‐総動員体制下の弘前‐

太平洋戦争の勃発

女性・学童・朝鮮人の動員

赤十字の活動

五 敗戦‐銃後弘前の終焉‐

傷痍軍人の保護

反戦・厭戦の防止

供出と配給

戦時生活の諸側面

空襲を受けなかった弘前市

第三節 地域経済の動向

一 恐慌・戦時下の経済

昭和恐慌と相次ぐ災害

東北振興

出稼ぎの実態

二 昭和初年の商工業

昭和初年の弘前の商業

商店街の店舗

昭和初年の弘前の工業生産

第三回青森県鉱産物品評会

三 昭和恐慌と商工業

昭和恐慌の勃発と商工業

不況と失業問題

四 準戦時・戦時経済下の商工業

東北庁設置の要望

国家総動員体制下の商工業

商工会議所の廃止

五 恐慌・戦時下の工業

工業都市弘前

りんご加工業の展開

竹舘林檎組合のシャンパン製造事業

りんご酒の醸造

酒造業

津軽塗

弘前手織

青森県工業試験場

六 昭和金融危機の勃発と打開

金融危機の勃発

弘前銀行と第五十九銀行の休業

第五十九銀行の復活

県債五〇〇万円の成立

弘前銀行の解散

七 戦時金融統制と青森銀行の誕生

銀行合併政策

県内銀行合併の推進

青森銀行の誕生

弘前無尽会社の発展

八 交通・運輸の統制

鉄道敷設の請願

鉄道営業の整備

バス事業の本格化と戦時下統制

タクシー事業の進展

道路の整備

第四節 農業の動向

一 農村疲弊と小作争議

昭和初期の恐慌と冷害凶作

小作争議と地主制

二 昭和初期のりんご産業の発展

りんご栽培の進展

りんご加工業と輸出

三 産業組合拡充運動と経済更生運動

産業組合拡充運動

経済更生運動と計画

四 戦時体制下の生産統制

戦時下のりんご統制

米穀の統制と自作農創設

第五節 戦時教育の様相

一 昭和初期の初等教育

米国より人形贈らる

スキーの普及と大会

富田大火と第一・第二大成小学校の焼失

白取朝陽小学校長の奇禍

富田小学校の弘前移管と焼失

スケート大会行わる

時敏小学校焼失

満州事変勃発と小学校

秩父宮殿下の御来弘

朝陽小学校の移転と新築

進修小学校を和徳小学校に合併

日華事変勃発

勤労奉仕の始まり

夏休み短縮冬休み延長

紀元二千六百年奉祝

二 国民学校令下の初等教育

国民学校令

新教科書の採用

少年団の結成

忠霊塔建設

大東亜戦争始まる

海洋少年団の結成

児童の船沢村農耕地開墾

東京からの集団疎開児童

終戦の詔勅降る

終戦直後の国民学校

終戦直後の教育

朝陽・時敏校の貸与

新憲法の公布

学校給食の開始

三 青年学校

青年学校令の制定

青年学校就学の義務制

青年学校振興運動

弘前青年学校の発足

敗戦と教育内容の切替え

青年学校の移転と廃止

四 旧制中等教育

嶽籠城ストライキ

満州事変から太平洋戦争へ

報国団の結成へ

東奥義塾の昭和

昭和初期の弘前高女

全国制覇なる

戦時中の弘高女

昭和初期の弘前女学校

戦争と弘前女学校

和洋裁縫女学校の躍進

家政女学校の創設

県立工業から弘前工業へ

市立弘前商業学校の成立

弘前実科高等女学校の変遷

五 旧制弘前高等学校と青森医学専門学校

弘前高等学校と市民

官立弘前高等学校赤化事件

戦時体制と弘高生

官立青森医学専門学校の開学

六 幼稚園教育

弘前幼稚園類焼

聖ヨゼフ幼稚園開園と明星幼稚園開園

戦時下の幼稚園

七 社会教育の動き

通俗教育から社会教育へ

青少年団の動向

弘前市青少年団

第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相

一 津軽のナショナリズム

故郷(くに)を思う心

二つの源流

伊東梅軒

山鹿学の影響

伊東重

東門会の創立

東門会の佐藤正三

野村三郎と五・一五事件

県内の社会運動の状況

對馬勝雄のノート

佐藤正三と二・二六事件

東亜連盟

帝大合格と結婚

太平洋戦争始まる

東亜連盟同志会の活動

弘前へ帰る

終戦

戦後の佐藤正三

二 昭和戦前の社会・労働運動

(一)世界大恐慌と青森県

青森県における恐慌の影響

疲弊する農村

(二)無産政党の動き

無産政党の結成

県内における組織化と弾圧

総選挙での戦い

三 世界大恐慌と弘前市民

(一)農民組合と小作争議

青森県における小作人組合

凶作と小作争議

指導者・石岡彦一

県の対応

全農青森県連合大会

農民運動の変質

(二)弘電争議

争議の発端と経過

消費者の抵抗

弘電の反攻

争議の顛末

(三)失業・貧困問題

失業の増加と消費組合

婦女子の身売り

(四)労働争議

ストライキの諸相

四 戦時下のキリスト教弾圧

宗教団体法の成立

ホーリネス教会への弾圧

五 戦時体制下の弘前市政

市会の勢力図

二人市長事件

市民の政治意識の変化

乳井市政

葛原市政

忠霊塔の建設

翼賛選挙

終戦直後の弘前市会

第五章 戦後の弘前

第一節 軍都弘前の崩壊と占領

一 進駐軍対策

連合軍の弘前進駐

進駐軍将兵への対応策

市の対応策と市民の反応

敗戦直後の弘前市民

昭和天皇の来弘

二 軍都の払拭

敗戦時の郷土部隊

軍事色の払拭

軍国主義・国家主義の払拭

三 復員・引揚げ業務への対応

復員・引揚げ対策の開始

家庭に戻る女性たち

外地引揚者への援護策

ソ連からの引揚げ督促

在日朝鮮人問題

四 占領期の市政と生活

敗戦直後の市政事務

敗戦と文書焼却問題

食糧対策

五 復活する市民生活

環境整備と衛生対策

生活環境の整備

新警察制度の導入

福祉事業の推進

第二節 復興期の経済

一 戦後の復興と弘前の経済

戦後復興期の財政

終戦直後のりんご景気

青森県りんご協会の発足

りんご振興策

二 戦後の商工業

インフレの進行と低物価運動

経済九原則の実施、ドッジ・ラインと不況の到来

朝鮮戦争による特需と商店街

景気回復後の弘前市の商業

三 戦後復興期の工業

弘前市の工業振興政策

りんご加工業の発展

朝日シードルの進出

地場産業の諸相

四 弘前無尽会社から弘前相互銀行へ

相互銀行制度の創設

弘前無尽会社の相互銀行への転換

弘前相互銀行の躍進

五 電車の登場とバス事業の復興

本県初の鉄道電化

道路舗装の要求

運輸事業の申請

バス事業の復興・伸展

第三節 戦後弘前の農業展開

一 農村の民主化

農地改革と自作農創設

農業会の解体と農協の乱立

二 りんご産業の発展

りんごの唄と空前のりんご景気

りんご復興と澁川伝次郎

津軽の基幹作物-米とりんご

第四節 教育の変遷

一 六・三制実施後の初等教育

六・三制の実施と校名の改称

現職教員の市議当選

進駐軍の小学校視察

検定教科書の採用

県下最初の養護学級新設

盲聾学級の設置

女性校長第一号

桔梗野小学校の創立

週五日制の実施

時敏・朝陽校の火災と不寝番の実施

朝陽小学校校舎新築落成

弘前市教育委員会の発足

第一回小学校連合体育大会

二 新制中学校の誕生

新学制実施準備協議会

新制中学校の開校式

仮用附属と第四中学校

開校時の学習

高校進学の問題

職業指導

独立校舎への夢

出席率向上の努力

三 新制高等学校の発足

新制高校の発足

新制弘前高校の誕生

承祜公のミイラ

弘高祭とねぷた

めざましい部活動

弘高通信教育部の誕生

終戦直後の東奥義塾

弘前工業高校の動向

新制中央高校の誕生

男女共学の顛末

弘前聖愛高等学校の歩み

柴田女子高の活躍

市立商業高校と市立女子高校

禅林街・太平高等学校

四 大学の設置

新制大学の制度化

青森師範学校の弘前市移転承認

青森医学専門学校の弘前市移転

弘前大学設置認可申請

女子高等教育機関の整備

短期大学制度

東北女子短期大学の開学

弘前学院短期大学の開学

五 幼稚園教育

児能花幼稚園廃園と附属幼稚園

ベビー・ブームと幼稚園不足

文化幼稚園

柴田幼稚園

弘前明の星幼稚園

弘前市立和徳幼稚園の設置

若葉・愛光幼稚園の合併と聖愛幼稚園

若草幼稚園

弘前大谷幼稚園

東奥義塾幼稚園

みなみ幼稚園

ひばり幼稚園

幼稚園協会の設立

幼稚園の廃園

六 戦後の社会教育

社会教育研究大会

第二回社会教育大会

PTAの発足

子ども会の動向

学校給食とPTA

第五節 労働運動の再興と世相

一 インフレと生活防衛

終戦直後の食料事情

インフレとヤミ経済

二 弘南バス争議

労働組合と賃金闘争

昭和三十五年の弘南バス争議

ストライキの顛末

三 戦後のキリスト教

キリスト教の復興

弘前女学校のキリスト教

第六章 現代の弘前

第一節 市町村合併と「新弘前市」の誕生

一 紆余曲折した市町村合併

国や県の動向

中弘地区の合併推移

紆余曲折の合併交渉

岩木村の成立と飛び地の誕生

二 桜田市政と市町村合併

桜田市長リコール問題

桜田市政と合併対策

三 紛糾した石川町の合併

石川町の存在

混乱・混迷の合併交渉

波乱含みの合併成立

四 「新弘前市」の誕生

「新弘前市」の建設方針

合併建設計画への批判

市民の要望と行政の方向

福祉事業の推進

五 学都創出への支援

弘前大学の誕生と市民の熱意

学都充実への要望

弘前大学後援会と農学部の新設

六 自衛隊誘致をめぐって

日本再軍備と自衛隊の誘致

誘致賛成論

誘致反対論

誘致の決定と市当局の動向

第二節 高度経済成長と弘前の経済

一 津軽地域の中核都市弘前の財政

藤森市政の財政

福士市政の財政

金澤市政の財政

二 高度成長下の商店街

高度成長の開始

弘前商工会の解散

旧正月売り出しの廃止

商店街振興組合法の成立

スーパーマーケットの登場

百貨店の増加

商業構成の変化

弘前市商業の特徴

三 高度経済成長下の工業

高度経済成長期の工業

金属団地の建設

弘前市の商工業行政の方向

四 中央資本のりんご加工業進出と工業振興政策

りんご加工業の推移

ニッカウヰスキーの進出

日魯漁業の進出

工業振興政策

五 みちのく銀行の誕生

弘前相互銀行と青南信用組合の合併

弘前相互銀行と青和銀行の合併

みちのく銀行の誕生

六 東北縦貫自動車道と東北新幹線

交通条件改善への取り組み

市街地の交通緩和対策

高速交通体系の整備

鉄道事業の消長

バス事業の拡張

弘西林道の開通

第三節 安定成長への転換

一 安定成長への転換と弘前市経済

高度経済成長の終焉

安定成長への転換

弘前市の事業所の動向

建設業の動向

製造業の動向

卸売・小売業、飲食店の事業所

卸売業の動向

小売業の動向

飲食業のあり方

サービス業の事業所

二 安定成長下での商店街の変化

相次ぐ水害と商店街

雪対策

駅ビルの建設

東北縦貫自動車道の全通

大型店舗の出店

消費税の導入

三 安定成長への転換と労働問題

安定成長下の労働問題

青森県の賃金動向

国鉄ストライキと市民

四 弘前商工会議所の活動

知事・市長への陳情

創立記念

五 交通・運輸の伸展と模索

鉄道の高速化

長距離バスと赤字路線

第四節 国際化・自由化と農業振興

一 高度経済成長と農村の変貌

弘前市の合併と農業

弘前市農協の合併

高度経済成長と出稼ぎ

農村社会の変貌と減反政策

二 国際化・自由化の流れの中で

山川市場とふじの登場

りんご産地市場の登場

台風一九号とりんご被害

りんごの自由化と産地の対応

米市場開放と平成の大凶作

国際化・自由化と農林業振興計画

第五節 教育の整備拡充

一 小学校教育

第三大成小学校の創設

和徳地区小学校統合問題

石川町、弘前へ合併

大和沢小学校の復校

弥生小学校の創設

高杉小学校の創設

文京小学校の創設

オリンピック聖火を迎える

草薙小学校大石寮の設置

学校給食中央共同調理場の設置

ことばの教室開設

きこえの教室設置

西小学校の創設

城西小学校情緒障害学級

第一大成小学校病弱児学級

松原小学校の創立

東小学校の創立

北小学校創立開校

第一、第二大成小学校の統合

二 中学校教育

十周年を迎えて

学校統合の推進

計画案の修正

第五中学校開校

統合計画の達成

北辰中学校の開校

裾野中学校の開校

南中学校の開校

東中学校の創立

三 高等学校の推移

(一)昭和後期の中等教育

弘前南高校の誕生

吹奏楽金賞が光る

弘前電波高校の開校

「弘前電波」から弘前東工業高校へ

ボクシング部の全国制覇

弘前実業高校の県立移管

スポーツ王国弘前実業

弘前高校の生徒自治会

部活動の推移

弘前中央高校の環境整備

金賞に輝く合唱

新生東奥義塾の躍進

スポーツ王国義塾

弘前聖愛高校の教育と移転

部活動の充実強化

弘前工業高校の変遷

輝く弘前工高のスポーツ

柴田女子高校の繁栄

クラブ活動の興隆

(二)平成の中等教育

昭和から平成へ

男女共学と週五日制

学科の再編

スポーツ・文化活動

四 私立大学の増設

東北女子大学の開学

弘前学院大学の開学

弘前福祉短期大学の開学

五 学園紛争と弘前大学の拡充

本部封鎖事件

保健体育単位問題

弘前大学の拡充

六 社会教育

市村合併と公民館

市村合併後のPTA

図書館の新築

最初の水泳プール

市民会館の設置

市民体育館の設置

運動公園の建設

博物館の設置

弘前文化センター(弘前文化会館)

新図書館の建設

郷土文学館

第六節 市民運動の展開

一 石油ショックと狂乱物価のころ

市役所のケチケチ運動

狂乱物価の諸相

石油危機の推移と高度成長の終焉

二 青秋林道反対運動

青秋林道建設計画

建設反対運動の機運

反対運動の展開

自然保護か活用か

三 公労協のスト権奪還ストと弘前

公共企業体とストライキ権

公労協ストの本県の情況

スト権ストと国民の評価

四 戦後から市制百周年までの津軽選出国会議員

第七章 都市計画と市民生活基盤の整備

第一節 開発計画の出発

一 総合開発計画の展開

総合国土開発審議会の発足

総合国土開発審議会の審議

国土総合開発の出発

二 青森県の開発計画

国土総合開発計画の進展と青森県の位置

第二節 弘前市の総合開発計画

一 弘前市建設計画

弘前市建設計画の出発

弘前市総合建設計画の策定

二 弘前市総合開発計画の策定

弘前市総合開発基本計画(昭和四十六年計画)の策定

弘前市総合開発計画(昭和五十三年計画)の策定

新弘前市総合開発計画(昭和五十九年計画)の策定

第四次弘前市総合開発計画の策定

平成十二年弘前市総合計画の策定

第三節 弘前市の都市計画

一 都市計画の推移

都市計画の開始

市街化区域と市街化調整区域

用途地域の設定

地区計画

二 道路の建設

幹線道路建設

生活道路の計画

平成の道路計画

都市計画と道路建設

三 上下水道の建設

上下水道の整備状況

上水道整備の方向

下水道の整備の方向

四 市街地開発事業

土地区画整理事業

弘前駅前地区整備事業

市街地再開発事業

第四節 観光都市をめざして

一 弘前観光協会の設立

戦後の世相と観光政策

弘前観光協会の設立

観光協会をめぐる紛糾

二 弘前市の観光事業

観光協会の事業計画

観桜会(さくらまつり)の運営方針

観桜会運営の打合会議

観桜会運営の一側面

三 観光都市実現への熱意

合併前後の観光対策

観光客受入態勢の必要性

土産品開発への模索

四 観光事業の開発と保存

弘前城の史跡指定

菊ともみじまつり

雪燈籠まつり

弘前ねぷたの重要無形文化財指定

弘前城内の植物園造営

五 市制施行百周年と弘前市の記憶

市制施行百周年

見直したい弘前市の記録

第五節 災害との闘い

一 岩木川の氾濫と大水害

岩木川の大氾濫

度重なる大水害

二 相次ぐ台風と大火災

台風災害

相次ぐ火災

三 災害と開発

市の防災・水防対策

岩木川開発と目屋ダムの建設

第六節 医学都市の衛生対策

一 衛生対策への着手

便利な生活の代償

「日本一の不潔な町」(新聞の投書から)

二 医学都市弘前の保健衛生

進駐軍の衛生対策

弘前大学医学部との関係

清掃事業の促進

弘前市の保健対策

三 上下水道施設の整備

市がもっとも力を注いだ水道行政

上水道設備の向上

下水道設備の向上

第八章 近現代弘前市の文化活動

第一節 文学活動

一 近代文学の夜明け(明治の文学)

(一)北の文学連峰

(二)明治言論界の巨星・陸 羯南

新聞「日本」を発行

在府町に生まれる

独立不羈の陸羯南

(三)佐藤紅緑の活躍

紅緑の少年時代

飛躍の年を迎える

(四)明治の短詩型文学

俳句会のリーダー木村横斜

発禁となった「渋茶」夏の号

荻原井泉水来弘す

新派歌集を出版

川村杜山の自殺

二 近代文学の成立(大正の文学)

(一)私小説の神様・葛西善蔵

善蔵と洋次郎

初めての出会い

突然の転任

(二)福士幸次郎の影響

(三)県内初の詩結社「パストラル詩社」

県詩壇の重鎮・一戸謙三

桜庭芳露の活躍

後藤健次の手紙

三 津軽の文学の新たな展開(昭和の文学)

(一)少年小説の金字塔をうち建てた佐藤紅緑

少年小説の金字塔

(二)方言詩の成立

方言詩集『まるめろ』

方言詩誌「芝生」創刊

(三)百万人の作家・石坂洋次郎

空前のベストセラー

虚弱な少年時代

「草を刈る娘」について

(四)その他の作家・編集者

四 北の文学連峰の現在

(一)不滅の作家・太宰治

(二)直木賞作家・今官一

今官一の文学の魅力

人生の師・福士幸次郎と出会う

同人誌時代-太宰治とともに

直木賞を受賞す

不当な評価を是正したい

故郷へ帰る

(三)北の文学連峰の現在

本格的な国際スパイ小説家

職業は寺山修司

新進気鋭の評論家

ルポライターの第一人者

(四)長部日出雄の活躍

津軽の精神風土を追究

第二節 美術界の様相

一 明治期の美術

国内外の博覧会

漆工芸と日本画

東京美術学校と弘前の作家たち

二 大正期の美術

文展と帝展

美術団体の発足と展開

美術団体の発足と展開

三 昭和期の美術(戦前)

東奥美術展

美術団体の躍進

四 昭和期の美術(戦後)

戦後美術界の復興

昭和の美術団体

個人作家の活躍

第三節 音楽界の様相

一 古典邦楽

郁田流箏曲(いくたりゅうそうきょく)

錦風流尺八(きんぷうりゅうしゃくはち)

平家琵琶

二 津軽神楽・山車行事

津軽神楽

山車行事

三 民俗芸能(無形民俗文化・年中行事)

イタコ

虫祭り

岩木山の登拝行事

ねぷた

獅子踊(舞)

四 民謡

民謡の種目と曲数

盆踊り

唄会

新民謡

わらべ歌

津軽三味線

五 洋楽・学校音楽・軍歌

学校における音楽

音楽教育の先達

軍歌

六 一般人の音楽

音楽家たち

音楽団休

第四節 近現代の建築

一 明治時代の洋風建築

洋風建築の黎明

弘前初の洋風建築

建築近代化への立ち後れ

棟梁・堀江佐吉

教会堂建築

学校建築・公共的建築

二 大正時代の近代建築

「建築家」の誕生

進取の建築

洋風建築から近代建築へ

三 昭和期の建築

木村産業研究所

弘前との因縁

前川設計建築群

第五節 スポーツ活動

一 近代スポーツの成立(明治・大正期)

(一)近代スポーツと弘前

草創期のスポーツ

(二)町道場の設立

明治時代の柔術

北辰堂規則

笹森順造の偉業

撃剣家・市川宇門

(三)柔道家・前田光世

柔道で世界を制覇した男

ブラジル開拓の父

前田光世の記録

(四)スキー王国

本県スキーの父・油川貞策

弘前スキー倶楽部誕生と歴史

(五)野球

(六)相撲

二 現代のスポーツの繁栄(昭和期)

(一)国際競技での活躍

極東大会陸上競技で優勝・道川茂作

第九回夏季オリンピック・アムステルダム大会出場・井沼清七

冬季オリンピックへ出場

夏季オリンピック

国際試合で活躍

三浦雄一郎の活躍

(二)相撲王国

(三)スポーツの意味するもの

第六節 特色ある文化活動

一 弘前地方の書道

書の伝統

北門書道会の結成

戦争を挟んで

北門を継ぐ

二 相馬貞三と民芸運動

用の美と津軽民芸

三 古式泳法と津軽藩踏水会

津軽藩踏水会

[後付]

掲載写真の典拠・所蔵一覧

協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)

[奥付]

[付図]