弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(古代・中世)
目次

新編弘前市史 通史編1(古代・中世)

[口絵]

凡例

新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次

第3章 古代蝦夷の時代

第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代

一 古墳文化北進の限界

東北地方の古墳時代

青森県の古墳文化

東北地方北部の群集墳

七・八世紀代の津軽地方

二 続縄文文化の南下

弥生文化と続縄文文化

古墳文化と続縄文文化の交流

三 原エミシ文化からエミシ文化へ

原エミシ文化の形成

第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征

一 蝦夷の意味するもの

エミシとは

毛人

蝦蛦

「蝦夷・蝦狄」表記の創造

二 蝦夷はアイヌか

アイヌは白人か

日本人の起源

北東アジア人の渡来

混血の進展

人間との共生動物の分布

蝦夷はアイヌか

三 大和政権の東北進出

東北地方の古墳文化

国造の分布

古墳文化及ばぬ北の世界

四 阿倍比羅夫「北征」

津軽、「日本史」の舞台へ

田道伝説

「津軽」の地の独自性

柵の設置

阿倍比羅夫の登場

比羅夫は何回遠征したか

斉明天皇四年の「北征」

有間浜の所在

渡嶋の所在

斉明天皇五年の「北征」

後方羊蹄の所在地

斉明天皇六年の「北征」

沈黙交易

粛慎とは何者か

第三節 律令時代の青森

一 渡嶋津軽津司

陸奥国と出羽国

渡嶋津軽津司

靺鞨とは

二 大征夷時代の青森

三十八年戦争の時代

伊治公呰麻呂の乱

桓武の登場

蝦夷首長阿弖流為

征夷大将軍大伴弟麻呂

征夷大将軍 坂上田村麻呂

胆沢築城

阿弖流為の投降

文室綿麻呂の登場

青森県下の情勢

三 北奥地域の田村麻呂伝説

田村麻呂と青森

田村麻呂と頼朝

田村麻呂と観音信仰

青森県内の田村麻呂伝説

田村麻呂は東北人の英雄か

四 元慶の乱と津軽

乱の勃発

藤原保則の登用

夷語を解する小野春風

津軽への注目

渡嶋の終焉

第四節 考古学からみた平安時代の津軽

一 農耕社会の定着

ふたつの広域火山灰

平安時代の大規模集落

五所川原窯跡群の操業

擦文文化圏との交易

地方色を顕す古代の津軽地方

二 環壕集落の出現

環壕集落の構造と年代

環壕集落の性格

三 津軽の古代信仰

原エミシ文化・エミシ文化の祭祀遺物

平安時代の律令祭祀

津軽地方の古代信仰

四 擦文文化との交流

擦文文化の特徴

本州の擦文文化の実態

擦文文化の終末年代

第五節 謎の一〇・一一世紀

一 鎮守府・秋田城体制

摂関政治の時代

王朝国家論

陸奥・出羽の在庁官人たち

安部氏・清原氏の登場

二 天慶の乱

異類の来襲

将門の乱との関係

契丹との関係

狄坂丸の乱

三 北方との交易

防御性集落登場の背景

交易雑物制

稀有な北の富

北の富の搾取

四 俘囚長安倍氏と津軽・糠部

安倍氏の登場

安倍氏の柵

前九年合戦の勃発

鎮守府将軍源頼義

阿久利川事件

頼時の死

黄海の戦い

清原氏の登場

小松柵の戦い

鳥海柵落ちる

安倍氏の滅亡

鎮守府将軍清原武則

五 エミシからエゾへ

エゾ呼称の発生

エゾ=アイヌ

防御性集落の消滅

第4章 中世前期

第一節 中世的北方世界の開幕

一 延久蝦夷合戦

後三条天皇の登場

「東夷征討」祈願

延久蝦夷合戦の実相

乳井福王寺の伝承

延久蝦夷合戦と津軽

二 奥州藤原氏の登場と北方世界

後三年合戦

平泉藤原氏

北奥における建郡

特殊な行政区画

奥大道と文物の流通

三 考古学からみた中世的世界

かわらけと陶磁器

四耳壺の出土

土器の煮炊から鉄鍋へ

中崎館の鉄製品

竪穴から掘立柱へ

四 中世前期の交易

中国製品の出土

陸の道・海の道

埋納銭の出現

第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽

一 文治五年奥州合戦

鎮守府将軍秀衡

治承・寿永内乱下の秀衡

秀衡と義経の死

奥州合戦の勃発

阿津賀志山の防塁

阿津賀志山の合戦

鳥取越えの奇襲と安藤次

国衡の死

三沢安藤四郎の活躍

泰衡の死

頼朝の全国制覇

二 奥州惣奉行と津軽惣地頭

奥州惣奉行葛西清重

下総葛西氏と津軽葛西氏

津軽惣地頭宇佐美実政

大河兼任の乱

多宇末井の梯

奥州惣奉行制の確立

三 得宗領としての津軽

守護・地頭の制

奥羽地方の地頭制

県下の諸郡

津軽(郡)中名字の世界

北条得宗領の形成

時頼廻国伝説

津軽の唐糸伝説

秋田の唐糸伝説

得宗領・安藤氏との関わり

津軽氏の系譜と唐糸御前

得宗被官の入部

得宗領の分割

工藤氏の出自

四 嘉元鐘の鎌倉武士

「嘉元鐘」

得宗北条貞時

嘉元鐘銘文に登場する鎌倉武士

五 御内人の世界

津軽曽我氏の出自

津軽平賀郡への入部

曽我氏系図の復原

嫡流と庶流

曽我惟重とその妻

曽我光弘とその妻

曽我泰光とその妻

曽我光頼とその家族

曽我貞光とその家族

津軽曽我氏の所領・岩楯村

津軽曽我氏の所領・平賀郷

津軽曽我氏の所領・鼻和郡

津軽曽我氏の所領・名取郡

姻戚から伝領した所領

片穂家から伝領した所領

高麗氏から伝領した所領

所領の経営

六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏

境界の北進

中世の境界認識

北の認識

西と南の認識

流刑地としての境界

夷島流刑と東夷成敗権

境界の地外浜

穢・祓と境界の地

津軽安藤氏

安藤氏の系譜認識

藤崎系図

安藤系図

秋田家系図

下国伊駒安陪姓之家譜

仲麻呂鬼伝説

多様な系譜の在り方

系譜伝承のキーワード

鬼王・安日

安倍高丸

奥州安倍氏とのつながり

系譜認識の変化

蝦夷か蝦夷の支配者か

蝦夷管領

奥羽の特殊産物

海の民・山の民としての安藤氏

安藤氏の特殊な氏族結合

安藤氏の所領

七 蝦夷の争乱と津軽大乱

北方の蝦夷の乱

文永の蝦夷の乱

元応の蝦夷の乱

蝦夷の乱と安藤氏の乱

安藤の乱の展開

八 鎌倉幕府滅亡

鎌倉幕府滅亡と津軽曽我氏

大光寺楯の合戦

石川楯の合戦

持寄城の合戦

一族の分裂

討幕の論功行賞

工藤氏の活躍

糖部郡での論功行賞

第三節 中世前期の宗教世界

一 古代における北奥の宗教世界

二 北奥宗教界を彩る中世的寺社

三 北奥宗教界の中世的転回

四 執権時頼の東国廻国をめぐって

第5章 中世後期

第一節 北辺の南北朝動乱

一 奥羽の建武新政

北畠親房の政権構想

足利尊氏の離反

足利幕府の奥羽支配

二 南北朝期の津軽曽我氏の動向

南北朝の動乱と曽我氏

北畠顕家の死

曽我貞光の奮戦

津軽曽我氏の滅亡

三 南北朝期の津軽安藤氏の動向

蝦夷沙汰職の行方

後醍醐方につく

安藤高季の活躍

顕家からの安堵

尊氏側につく

検断奉行への抜擢

分裂した蝦夷沙汰

第二節 室町・戦国期の津軽

一 「日の本将軍」安藤氏

日の本将軍と鎮守府将軍

日の本の将軍と地域の自立性

夷千島王の朝鮮遣使

日の本将軍の多面性

二 室町幕府体制と北奥羽

応永初期の動乱

湊安藤氏の誕生

三 安藤・南部氏との抗争

内乱期の蝦夷沙汰

応永十八年の衝突

安藤氏の没落

第三節 南北交易と「境界地域」津軽

一 十三湊と津軽

湊の始まり

湊の最盛期

十三湊空白の百年

一六世紀の湊

二 陶磁器と津軽

舶載と国産

非かわらけ地域

陶磁器と地域社会

北日本の地域差

三 中世の道具と生産

食の道具

住の道具

衣の道具

農の道具

鍛冶・鋳物師の道具

戦いの道具

四 中世の住居とムラ

建物の変化

ムラの建物

五 城館の発掘成果

調査された館

城館発掘の成果

城館調査の今後

第四節 戦国津軽とその終焉

一 戦国津軽の夜明け

奥羽地方の戦国時代

津軽奪還を目指して

「津軽(郡)中名字」と浪岡北畠氏

二 南部氏の津軽平定と石川高信

三戸南部氏による領国支配の強化

南部晴政の登場と一族間の対立

三 大浦為信と安藤愛季

為信の離反

浪岡城攻略

安藤愛季の津軽侵略

津軽独立に向けて

四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡

(一)農村と都市の発生

中世の農民

農民の生活

農民の住まい

戦国時代の都市(城下町)発生

(二)大浦氏の城と城下町の流れ

大浦氏の城下町建設の流れ

種里城と町

大浦城と大浦城下町

堀越城と城下町

藤崎城と中世都市

五 戦国動乱の激化と城館群

(一)歴史的な激化の背景

文献史料から見た戦国動乱の激化

合戦の方法

刈田・放火

女性たちの戦場

(二)さまざまな中世の城館

複雑化する城館

城館タイプの分類

(三)当市域内の中世城館跡

本城(根城)の城館跡

支城の城館跡

詰城の城館跡

枝城・端城の城跡

方形居館跡

その他の城館跡

(四)中世城館のネットワーク

種里城を中心とした城館群

大浦城築城以前の城館跡

東目屋地域に見られる城館跡

堀越城・石川城を中心とした城館群

(五)発掘調査から見た遺跡

石川城跡

福村城跡

大光寺新城跡

大浦氏関係の中世城館跡

第五節 中世後期の宗教世界

一 中世寺院の建立

二 津軽の修験道と神社

三 中世寺社の存在形態

四 中世津軽の宗教世界の特色

[後付]

掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧

協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)

[奥付]

[付図]