札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上
目次

[標題紙]

グラビア

第八回配本にあたって

例言

新札幌市史 第五巻 通史五(上)/総目次

第九編 大都市への成長

序章 占領期から百万都市へ

一 占領期の遺産

ララ救援物資

占領期福祉政策

医療・教育政策

アメリカ文化の受容

接収物返還運動

二 札幌圏一極集中の開始

札幌の人口動態(二二万都市から一〇〇万都市へ)

一極集中の背景と中枢管理機能

道内市町村と過疎の進行

農業生産地から住宅地化へ

政令指定都市へ向けて

【主要参考文献・史料】

第一章 戦後札幌の市政と行政

第一節 占領下の市政と行政

一 占領軍の進駐と軍政

占領軍の札幌進駐前史

先発隊の派遣

札幌進駐への準備

渉外課の新設

第九軍団の進駐

占領軍の交代

キャンプ・クロフォードの建設

軍政機構

軍政の様相

CICとCCD

札幌市と軍政

日米団体関係諮問会議

日本軍隊の解体

復員

公職追放

二 敗戦直後の札幌市政

上原市長の就任

敗戦時の市政運営機関

上原市政と食糧問題

産業振興委員会

政党の結成

戦後初の総選挙

吉田内閣倒閣運動

上原市長の辞任

三 地方制度改革と市政の民主化

四月選挙

戦後初の市議会議員選挙

高田市長の就任

臨時振興専門委員会

市行政機構の拡張と機構改革

「明朗な市政」に向けて

市議会の組織と運営

第一期高田市政の事業

四 公区廃止と出張所の設置

終戦後の公区・連合公区

公区制度の改革

公区制の廃止・市民会の創出と挫折

臨時吏員派出区の設置と廃止

支所設置問題の紛糾と出張所の設置

五 札幌市警察の設置と廃止

敗戦後の警察

自治体警察への転換

札幌市警察署の発足

市警察本部と北警察署

警備警察の活動

公安条例の制定

札幌市警察の廃止

警防団の改革

札幌市消防本部・消防団の設置

第二節 札幌市の拡大と市政

一 高田市政の継続と都市建設

高田市長の再選と市議選

市議会の会派構成

市の財政難

市議会の機構整備

市議会の地方自治縮小反対運動

地域住民組織の簇生

自衛隊設置と基地

高田市長の三選

市議会会派の離合集散

五五年体制成立までの札幌の総選挙

都市建設事業と総合都市計画

高田市政の足跡

二 札幌市域の拡大

白石村の合併

札幌村・琴似町・篠路村の合併

豊平町の合併

手稲町の合併

第三節 高度経済成長と札幌市政

一 原田市政の誕生と新たな都市建設計画

昭和三十四年の市長選

市議選の結果

原田市長の就任

主要事業一〇年計画

事務機構の局制の採用

住民対話と広報活動

町内会の定着

市議会の会派構成とその変動

市政における保革対立

二 新産業都市指定と市政の対立

原田市長の再選と市議選

市議会会派の変化

新産業都市の指定と札幌市建設六年計画

公共料金値上げ問題

市議会運営の変化と審議会・協議会

市民憲章の制定

三 都市建設の進展と原田市政の位置

原田市長の三選と市議選

五五年体制下の札幌の総選挙

札幌市建設五年計画

原田市政の都市建設

第四節 国際交流と札幌オリンピック大会

一 国際交流の開始と広がり

進駐軍との交流

CIE図書館とアメリカ文化センター

その他の国際交流

二 姉妹都市提携

外国都市との交流

ポートランドとの姉妹提携

三 第五回冬季オリンピックの開催決定と返上

第一二回オリンピック大会の東京開催

開催決定と準備

前途の暗雲と大会中止

四 第一〇回大会の招致

招致まで

立候補の表明

招致活動

落選後の動き

五 第一一回大会の招致と開催決定

再度の立候補

札幌招致委員会

札幌開催の決定

開催の準備

オリンピック協力会の設立

建設事業と住民との軋轢

オリンピック施設の完成

開会

閉会

オリンピックの成果

【主要参考文献・史料】

第二章 札幌市の財政政策

第一節 戦後復興―安定期の財政政策

一 歳入出の概観

敗戦後の地方財政

統計的概観

二 戦後復興期の予算編成

復興と主要事業費

相次ぐ増税と徴税の不振

三 シャウプ勧告と新規事業五年計画

昭和二十五年度予算の編成

道路整備の重点化

四 市財政の安定と都市計画

教育と土木事業の展開

都市計画税の導入

特別会計・企業会計の動向

第二節 高度経済成長期の財政政策

一 歳入出の概観

高度成長期の地方財政

市財政の概観

二 都市計画事業と市財政

「札幌市主要事業一〇年計画」

「札幌市建設六年計画」

事業会計の赤字

三 オリンピックから福祉政策へ

札幌オリンピックと「札幌市建設五年計画」

諸施設の建設

福祉政策の基盤整備

【主要参考文献・史料】

第三章 札幌市の発展と街づくり

第一節 札幌の街づくり計画

一 『新規事業五年計画』による街づくり

札幌市臨時振興専門委員会の都市計画案

『新規事業五年計画』と街づくり

二 『主要事業一〇年計画』による街づくり

都市計画協議会の設置

『札幌総合都市計画』

『主要事業一〇年計画』の策定

三 様々な街づくり協議会などの活動

札樽経済協議会

道央広域都市建設計画連絡協議会

札幌都市計画連絡協議会

札幌圏広域都市計画協議会

四 『道央新産業都市における札幌市建設六年計画』による街づくり

新産業都市建設の指定と『札幌建設基本計画案』の策定

『道央新産業都市における札幌市建設六年計画』の策定

五 オリンピックと『札幌建設五年計画』の策定

オリンピックと街づくり

『札幌市建設五年計画』の策定

第二節 街づくり事業の展開

一 継続されていた都市計画事業

二 疎開跡地の整理と市内道路の整備

疎開跡地の整理

都市計画街路の整備

道路・橋梁の整備

市中道路の舗装と街路網の整備

三 市街地の拡大と整備

市街地の拡大

土地区画整理事業の展開

住宅団地の建設

四 都市機能の整備

駅前通の拡幅と都市再開発

公園と緑地の整備

除雪事業の拡大

五 上水道網の拡張

上水道拡張の開始

上水道の拡張

各地域の水道

六 下水道網の整備と下水処理

下水道の修復から整備

下水道網の整備と終末処理場の建設

七 その他の都市施設

し尿処理場と塵芥処理場

火葬場と墓地

第三節 交通の再編と通信

一 市内の交通網の拡充と再編

市内交通機関の復興

市内交通機関の拡大とバス路線の争奪

地下鉄の開業と交通網の再編

二 鉄道と航空

運行の復興と電化

札幌駅などの改築

定山渓鉄道の廃止と実現しなかった鉄道計画

国内航空の再開と丘珠空港整備

三 郵便局と電話の増設

郵便局の増設

電話の増加

【主要参考文献・史料】

第四章 戦後改革と経済

第一節 戦後改革から戦後復興へ -工業を中心に-

一 工業の復興

産業構造の変化

工業の概況

工業地帯構想

二 財閥解体と軽工業の復興

雪印乳業の成立

ビール

製麻

毛糸紡績

食品工業

木材工業

三 重化学工業の復興

金属工業

機械工業の経営危機

重化学工業の経営合理化

化学工業の展開

第二節 戦後金融改革と札幌の金融

一 金融の再建整備と発展

戦後の混乱と札幌預貸状況

拓銀の再建整備と普通銀行転換

北洋無尽の発展と預金業務開始

復興金融金庫札幌支所開設

その他の銀行等の札幌進出状況

二 朝鮮戦争と金融整備

金融制度整備と札幌預貸状況

北海道拓殖銀行の普銀転換と都銀加入

札幌証券取引所開所

北海道銀行の設立

北海道無尽の設立と相銀転換

北海道信用保証協会の設立

その他の庶民金融機関

本州系銀行等の札幌進出状況

第三節 商業の再生

一 生活物資の流通統制

敗戦直前の転廃業

闇市対策

配給制度の改革

復興にむけて

二 流通統制の解除

商業の実態

市内の物価

卸売市場の創設

露店問題と市の対応

三 商業の回復と発展

ステーションデパートの開業

創成川畔露店問題

更生市場と巡回露店市

民間市場の郊外進出

デパートの拡充

本州商社の札幌進出

第四節 農地改革

一 緊急開拓

戦後開拓の意味

北海道への集団帰農政策

拓北農兵隊

手稲隊の入植

白石隊の入植

戦後開拓の開始

札幌の戦後開拓

開拓地の諸相

開拓農協の設立

二 農地改革

農地改革の意味

GHQの土地政策

第二次農地改革の開始

札幌の農地改革

札幌村の場合

篠路村の場合

琴似町の場合

手稲村の場合

豊平町の場合

白石村の場合

第五節 農業

一 変動する農業情勢

戦後農業史の時期区分

二 戦後復興期の農業

食糧危機と供出制度

さまざまな農業振興策

札幌市農業振興共進会

モデル農園事業

品種改良と病虫害防除

土地改良事業

園芸農業の振興

畜産の振興

農業構造と農業生産

第六節 札幌財界の成立

一 戦前の札幌商工会議所と北海道商工経済会の解体

札幌商工会議所から北海道商工経済会へ

北海道商工経済会の解体

二 経済団体の再出発と諸団体の創設

第二次公職追放(地方パージ)と札商ビルの接収解除

新生札幌商工会議所の設立

北海道商工会議所の設立

北海道商工会議所連合会の創立

北海道商工会議所と北海道商工会議所連合会との合流

その他の経済団体

三 札幌商工会議所の商工政策と組織の安定

商工政策の展開

『さっぽろ経済』その他の発刊

札幌青年会議所と婦人経営研究会の設立

手稲町商工会、豊平町商工会との合併

北海道産業会館、北海道経済センターの建設

【主要参考文献・史料】

第五章 高度成長期の産業発展

第一節 工業化の進展

一 札幌市工業の課題

生産都市の夢

各業種の動向

付加価値の測定

二 食料品工業の設備拡充

ビールの寡占的競争

清酒の減退

焼酎

清涼飲料

雪印乳業とクロバー乳業の合併

パンと菓子

三 工場立地と工業団地の形成

工場の新設、移転

工業地帯の条件

札幌綜合鉄工団地の形成

木工団地

第二節 土木・建設業

一 土木・建設業界

土木・建設業の急成長

過当競争と組織化

地元建設会社と主な工事

本州建設会社の進出

二 百万都市への胎動

ビル・ラッシュ

支店経済の形成

第三節 高度成長と金融システムの変容

一 高度成長と金融構造変化

高度成長から証券不況へ

札幌の預貸状況と信用保証状況

手形交換高と証券売買高

北海道東北開発公庫の設立

道内四行の業況

北海道労働金庫の業況と不良資産問題

本州系銀行および政府系金融機関の札幌進出状況

二 ドルショックと金融システムの変容

いざなぎ景気からドルショック・円切り上げへ

金融システムの変容

札幌預貸状況と信用保証状況

手形交換高と証券売買高

政府系金融機関の業況

道内四行の業況

北海道労働金庫の預貸状況

本州系銀行の札幌進出状況

札幌市内金融機関数推移

第四節 流通革命のはじまり

一 中央卸売市場の開場と物価問題

開場まで

場外市場問題

物価問題

二 流通機構の変化

小売市場の乱立

デパートへの対抗

スーパーマーケットの出現

小樽から札幌へ

第五節 観光産業と飲食業の伸展

一 観光産業の整備拡充

戦後観光のあゆみ

観光行政の開始

観光事業の復活と振興

近郊の観光―定山渓温泉

近郊の観光―手稲町、その他

観光客の増加と宿泊施設の増設

観光被害

みやげ品とサービス

観光資源の多様化

二 飲食業の伸展

料飲店の営業停止

料飲店の営業再開

よみがえるススキノ歓楽街

郊外に生まれる繁華街

第六節 札幌の鉱業

一 手稲鉱山の再開と閉山

戦後の経営の変遷

鉱害と事故

閉山

二 豊羽鉱山の再開と発展

戦後復興と豊羽鉱山株式会社設立

坑内取り明けと生産再開

赤字決算から黒字へ

労働組合の結成・分裂・統一

生産量と従業員推移

鉱山街の形成

事故と水質汚染問題

三 その他の鉱山

その他の金属鉱山

茨戸油田

第七節 エネルギー産業

一 電気事業

電気事業再編成問題

北海道電力の誕生

電力危機の克服

電気事業の発展

農村電気施設導入事業

二 ガス事業

終戦直後のガス事業

ガス事業の発展

第八節 農業

一 高度成長期の農業(農業振興策)

新農村建設総合対策事業

農業構造改善基礎調査

札幌市域農業振興対策基礎調査

札幌市建設五年計画

農業センターと農林会館

農業基盤整備

園芸農業の振興

農業振興対策資金融資制度

畜産の振興

農業団体

二 高度成長期の農業(農業構造と農業生産)

農家戸数・農家人口と農業従事者

経営耕地面積

農地の潰廃・転用

農作物作付面積

農業粗生産額

稲作の動向

米の生産調整

蔬菜栽培の動向

果樹栽培の動向

花き栽培の動向

酪農・畜産の動向

【主要参考文献・史料】

第六章 戦後の市民生活と社会運動の展開

第一節 市民生活の混乱

一 戦争の傷跡

敗戦の日(八月十五日)を境に

戦没者の数と遺族たち

「戦争未亡人」・母子家庭問題

戦災者・引揚者・復員者

中国人・朝鮮人労働者の送還

二 市民生活の混乱

食糧危機

生活物資の窮乏と進むインフレ

戦災孤児・浮浪者の流入と失業救済

第二節 戦後の社会問題

一 荒廃する社会秩序

軍隊の解体による隠匿物資

在日朝鮮人組織の結成

在日朝鮮人集団帰国後の組織活動

二 進駐軍と市民生活

進駐軍の民間施設接収と破壊

進駐軍労務傭員

基地建設とタコ部屋解体

刑務所受刑者による北海道開発名誉作業班

進駐軍犯罪

反米運動

三 ヤミ市と河原居住者問題

買い出しとヤミ市

不用品交換会と露店街

河原居住者移転問題

第三節 戦後労働組合の結成と運動の台頭

一 民主化指令と労働組合の結成

労働組合法制定と労働組合

企業別・事業所別組合の誕生

官業及び官公署関係組合

旧労働組合法下の組織状況

二 労働争議の発生と運動の展開

食糧難と争議の発生

大幅賃上げ要求の広がり

生産管理闘争の波及

三越札幌支店従組の経営管理

政府声明後の生産管理

メーデー集会の復活

食糧メーデーと食糧確保運動

道新「五三名事件」

十月攻勢と二・一ゼネスト

インフレと賃上げ争議の激化

三 占領政策の転換と組織の再編成

政令二〇一号と職場離脱

企業整備合理化と行政整理

レッドパージ

労組法改正と組織状況

民間組合再編と紛争議

総評と全道労協の結成

第四節 女性の解放と社会進出

一 女性議員の誕生と公職への進出

初の女性代議士に札幌から二人

初の女性札幌市議たち

道議会議員と婦人議員協議会

教育委員会など公職への進出

二 民主的女性団体の形成と活動

官製婦人組織への反発

自主的活動の発足

労組婦人部の誕生

「デモクラシイクラス」

婦人週間の行事

第五節 女性の人権確立に向けて

一 占領下の光と影

公娼制度廃止令

進駐軍特殊慰安施設(RAA)の設置と廃止

「夜の女」の増加と「風紀取締条例」の制定

二 売春防止法の制定

売春防止法の制定

道婦人相談所・市婦人相談室の開設と更生施設

第六節 占領期の衛生と医療

一 占領軍と札幌の衛生

伝染病の大流行と市民

占領軍による札幌の衛生調査と接収

進駐軍病院と札幌の歯科医師たち

急性伝染病とGHQ防疫対策

二 公衆衛生行政のスタート

札幌モデル保健所の開設

衛生組合の復活と解散

模範衛生地区の指定

性病の蔓延と対策

三 医療機関・団体の再編成

医療界の統制解除と札幌集中化

各種病院の動向

〔市立札幌病院〕

〔市立健民病院〕

〔市立厚生病院〕

〔陸海軍病院から国立病院へ〕

〔厚生連病院〕

〔勤医協病院〕

女子医専から札幌医科大学へ

札幌市医師会

保健婦助産婦看護婦法の制定と改正

日本看護協会北海道支部の結成

【主要参考文献・史料】

第七章 高度成長期の市民生活と社会運動の展開

第一節 講和条約発効から高度成長期の社会問題

一 多様化する社会問題

逆コースと新たな社会問題

朝鮮総連と韓国居留民団の活動

二 平和と社会運動(1)

平和運動と新左翼の台頭

六〇年安保阻止運動

三 平和と社会運動(2)

新たな反戦・平和運動の展開

学園紛争と七〇年安保改定阻止運動

白鳥事件裁判

第二節 労働運動の高揚と組織の拡大

一 企業整理と合理化の進行

企業倒産と人員整理

藤屋鉄工所労組の解散

企業合理化の進行

米軍撤退と全駐労札幌支部解体

景気後退下の賃上げ争議

二 高度経済成長下の労働運動

春闘のはじまりと展開

経済の拡大と争議の激化

市労連「お祭り争議」

帝繊労組札幌工場支部の消滅

高度経済成長期の運動と所得拡大

緊急失業対策事業の推移

三 民間中小組合の増加と組織問題

中小零細組合の急増と紛争議

組織の分裂と再編成

定鉄・市バス一元化問題

札幌地区労協の結成

道同盟札幌地区同盟の誕生

就業人口の増大と組合組織率

第三節 変容する衛生と健康

一 公衆衛生と健康

保健所の増設

赤痢と衛生協力会の結成

「蚊とハエのいない札幌市建設」運動

環境条件と消えていく疾病

結核の蔓延から撲滅へ

結核アフターケア

小児マヒ大流行

家族計画と人口政策

死因別の変遷と平均寿命

二 国民健康保険事業

国民健康保険事業の開始

三 清掃事業の推進

札幌市清掃条例の制定

従量制の実施から無料化へ

屎尿処理

第四節 社会福祉

一 戦後社会福祉行政の出発

生活保護法の改正

福祉事務所の設置と機構の変遷

二 低所得者福祉

要保護者対策

生業資金貸付制度

三 児童福祉・母子福祉・青少年対策

児童福祉

母子福祉

青少年対策

四 心身障害者福祉

身体障害者福祉

知的障害者福祉

五 民間社会福祉事業

社会福祉事業団体

民生委員・児童委員

六 高齢化社会と高齢者福祉施設

高齢者福祉事業

高齢者福祉施設

第五節 高度経済成長期の市民生活

一 変わる市民生活・衣食住

家計の変遷

食生活の変貌

家電製品の普及と生活の変貌

住宅問題

消費者運動の開始

二 女性団体の発展と変貌

北海道婦人大会・札幌

木曜会から札幌市婦連協へ

札幌の地域婦人会

母親運動の始まり

三 札幌市民としてのアイヌ民族

民族としての復権をめざして

来札以前の「故郷」の実態

札幌市在住ウタリ実態調査から

札幌市民として・アイヌ民族として

四 成長のはざまで―都市公害

騒音・煤煙・札幌市公害条例

【主要参考文献・史料】

第八章 教育の民主化

第一節 敗戦と占領教育政策

一 敗戦と当時の教育状況

「決戦教育」下の学校

敗戦と「玉音放送」

新教育への模索

食糧難と学校

二 占領教育政策の展開

連合国軍の札幌進駐と北海道地方軍政部

GHQの四大指令

軍政部の初期の学校視察

第二節 新学制の発足

一 小学校・中学校の設置

教育基本法と学校教育法

小学校の成立

新学制実施準備協議会の活動

札幌市の新制中学校設置の特色

新制中学校の開校と校舎不足への対応

PTAの設置と活動

教育課程の改革―新教育の展開

モデル・スクール

「札幌市の教育課程」の編成

新教育への批判―基礎学力の低下としつけ

学校給食

二 高等学校・大学の設置

新制高等学校の設置

高等学校の再編成

私立学校の動向

高等教育機関の再編と新制大学の設立

北海道学芸大学の設置

高校・大学の学生運動

三 教育委員会と教員

北海道教育委員会の設置

札幌市教育委員会の設置

教職員組合の成立と活動

教員の再講習

第三節 戦後教育の岐路と地域の教育問題

一 教育政策の「転換」

任命制教育委員会への転換

「道徳の時間」特設

勤務評定

定山渓事件

全国一斉学力テストの実施

合併と教育

二 地域住民の学校教育への意識

市議会への陳情・請願

周辺部の小学校の新設―白石地区を事例として

二部授業の実際

中心部の学校統合

学校設備の充実

親子給食の実施

PTAの教育費負担

三 進学熱の高まりと高校増設運動

高校入試制度と小学区制

高校増設運動

高校の急増対策と大学区制

漸減計画と高校の多様化

第四節 戦後社会教育の展開

一 社会教育行政の新展開

社会教育の地域性

成人教育の軸・成人学校

青年教育

婦人教育

PTAの活動

成人教育の広がり

二 社会教育施設の展開・拡充

公民館と地区集会所

豊平・手稲町の公民館

図書館

博物館

児童会館

三 民間の社会教育活動

公・民の労働者教育

地域の学習活動・教育研究運動

第五節 市民スポーツの成立

一 スポーツの復興と社会体育の再出発

GHQの教育の民主化とスポーツ

戦後社会体育の基調

二 市民スポーツ組織の再編とスポーツ施設の建設

戦後初期の札幌市の社会体育行政

札幌市体育連盟

市民スポーツ施設への関心

三 市民スポーツの促進

スポーツ振興法の制定

札幌市体育指導委員制度

体育振興会

四 スポーツの大衆化をめぐって

学校体育施設開放事業

【主要参考文献・史料】

第九章 市民の文化と活動

第一節 文学

一 散文、総合誌、職場文芸

戦後の文学状況

『北方風物』『大道』

『双眸』『赤煉瓦』

パネルディスカッション

『札幌文学』登場

『北大季刊』他

『くりま』

『北海道文学』と『位置』

『北方文芸』

二 短歌

第二次『原始林』

『楡』『羊蹄』

『新墾』『凍土』

『あかだも』『いしかり』

『輪』『氷河期』

『新凍土』『樹氷帯』

『緑礁』『彩北』

三 俳句

『葦牙(あしかび)』『はまなす』

『水輪』『北方俳句人』

札幌ホトトギス会

『獅子座』『楡派』

『礫(つぶて)』と北光星

『象』『広軌』『北の雲』

四 詩

『野性』『木星』

『日本未来派』『至上律』

療養所の詩誌活動

『眼』『季信』など

昭和三十年代の隆盛

昭和四十年代

五 川柳

『川柳さっぽろ』『川柳しろいし』

『川柳あきあじ』

六 児童文学

『北の子供』とプランゲ文庫

『北海道児童文学』『童話研究』

『森の仲間』『青い貘』

第二節 音楽

一 新たな息吹

荒谷正雄と札幌音楽院

放送管弦楽団と放送交響楽団

合唱連盟の設立

ハーモニカがいち早く復興

鑑賞運動のぼっ興

専門教育始まる

札幌オペラ研究会の輝き

二 拡充と専門化

市民会館の建設

吹奏楽にも復興の兆し

札響の設立

指揮者の交代

共演者の国際化

道二期会の発足

来演音楽会の増加

鑑賞団体の興隆

演奏家の輩出

マンドリン、ギター、アマチュアオーケストラ

全国に羽ばたく合唱

第三節 美術

一 美術団体の諸相

全道美術協会の創立

道展の分裂と改組

新北海道美術協会

日本画

グループの結成

美術雑誌の創刊

二 美術館誕生

展覧会場の不足

北海道美術館建設期成会

美術館建設運動

行政の動き

北海道立美術館の開館

第四節 演劇

一 五條彰にみる終戦と戦後

五條彰

自由劇場

新演劇人協会と札幌演劇研究所

札幌演劇協会

二 戦後演劇の諸相

広がる演劇熱

職場演劇

大学演劇

放送劇団

高校演劇

三十年代の一般地域劇団

合同公演の推移

文化団体と連絡組織

四十年代の劇団

鑑賞組織の誕生

第五節 出版・マスコミ

一 出版社の興隆と衰退

GHQの検閲

出版社の疎開

講談社と青磁社

地元出版社の活動

北海道出版文化祭

二 新聞

占領下の新聞政策

『新北海』の創刊

『北海タイムス』の創刊

読売・朝日・毎日新聞社の札幌進出

三 テレビジョン放送の開始

民間放送の登場

北海道放送(HBC)の設立と開局

ラジオからテレビへ

四 映画

終戦直後の状況

映画館ブーム

映画サークル

第六節 文化行政・団体と文化財

一 文化行政・文化団体

さっぽろ市民劇場と市民文化祭

文化賞の制定

北海道の文化振興

相次ぐ文化団体の誕生

北海道文化団体協議会

札幌文化団体協議会

二 文化財の指定と保護

天然記念物―藻岩山・円山

豊平館と札幌郵便局

市文化財と清華亭

重要文化財の指定

【主要参考文献・史料】

第十章 戦後の宗教

第一節 国家神道の解体と神社

一 国家の神社から宗教法人への転換

神道指令

宗教法人令による神社

敗戦直後の祭典風景

二 「国民大衆の神社」への模索

氏子組織の再編

境内地の確保

氏子崇敬者の生活にねざす祭祀

札幌護国神社から札幌彰徳神社へ

三 講和条約発効後の神社神道

宗教法人法による神社

賑わう昭和三十年代の祭り

札幌神社から北海道神宮へ

第二節 戦後の寺院と仏教

一 寺院の増加

市内の寺院数

豊平町の寺院増加

寺院数の推移

二 仏教界と仏教団体の活動

戦没者追悼と慰霊

平和塔の建立

仏教団体の活動

三 寺院の動向

大谷派と東本願寺札幌別院の活動

現如と開教百年

諸寺院の動向

平和の滝と盤渓の奥の院

第三節 キリスト教の復興と戦後の宣教

一 戦後の復興と再編

敗戦を解放として

戦後伝道とアメリカの影響

敗戦直後札幌の諸教会

教会の再編

二 キリスト教活動の拡張

活動の再開

占領期の活況

各層への浸透

三 変容する社会の中で

諸教派の戦後進出

開拓伝道地としての札幌

教会と社会

広がりの中で

第四節 戦後の新宗教

一 宗教の自由化と新宗教

新教団の進出

PL教団・生長の家・八大龍王大自然愛信教団

創価学会

立正佼成会

二 教派神道系の変化

教会数の増加

天理教

第五節 近代の民間信仰

一 馬頭観世音碑と馬頭観世音信仰

馬頭観世音碑

馬頭観世音信仰

二 地神碑と地神信仰

地神碑

地神信仰

三 山神碑と山神信仰

山神碑

円山の山神碑

四 庚申信仰と竜神信仰

庚申信仰

竜神信仰

【主要参考文献・史料】

図版・写真・表組一覧

刊行の趣旨(昭和五十六年九月十八日)

編集後記

◇執筆担当 章・節一覧

◇巻構成(*は既刊)

[奥付]