札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4
目次

[標題紙]

口絵

第六回配本にあたって

例言

新札幌市史 第四巻 通史四/総目次

第八編 転換期の札幌

第一章 地方都市の成立

一 街づくりの明暗

市民の時代

都市の条件

総力戦の底辺

人口の増加

二 都市としての性格

道都意識

教育の街

統制経済の拠点

北方軍政の拠点

第二章 市制施行と行財政

第一節 市制への経緯

一 区制の課題

区制から市制へ

札幌の問題点

道会の論議

市制建議案

二 自治権拡張論

薄野遊廓移転問題

医科大学設置問題

函館、小樽区の問題

区制改正建議

阿部区長の市制策

三 普選運動と市制

市制中改正法律案

政府案

第四四回帝国議会

貴族院修正

法案成立

第二節 行政機関の整備

一 札幌市の誕生

市制施行

市域

住民と公民

二 市長

市の統轄・代表

高岡直吉

橋本正治

三沢寛一

上原六郎

三 行政組織

助役と収入役

市役所の機構

職員

旧庁舎

新庁舎

財政

歳出入

諸官公署

第三節 市会

一 市会議員

市会議員初選挙

一級議員の再選挙

普通選挙の実現

市会の人格化

二 市会の運営

職務権限

議長・副議長

参事会

委員会と議員協議会

三 政党と道会・衆議院議員

政党政派

北海道会議員

衆議院議員

第四節 翼賛市政と公区制

一 国家総動員法下の市政

選挙粛正運動

第五期市会議員

大政翼賛会

翼賛選挙

第六期市会議員

二 公区と常会

成立の経緯

目的と組織

公区常会

市常会の新設

翼賛運動と公区

公区の業務整備

公区精神

第五節 「札幌圏」の形成と諸町村

一 「札幌圏」の形成

「郊外繁昌記」

札幌市への編入運動

札幌都市計画区域

札幌村域の札幌市編入

札幌市の町村合併計画

円山町の札幌市合併

二 諸町村の概況

札幌村

篠路村

琴似村

手稲村

豊平町

白石村

字名の設置

三 諸町村の基盤と構成

諸町村の人口

諸町村の生産額

凶作

経済更生計画

第六節 諸町村の行財政と町村会

一 諸町村の行政

一級町村制の施行

一級町村制と村長選挙

混乱の藻岩村政

円山町の誕生

円山町の札幌市への合併

琴似村と町制の施行

二 行政状況と財政

札幌村

篠路村

琴似村・琴似町

手稲村

藻岩村・円山町

豊平町と白石村

町村財政

負債の増大

三 町村議会

一級町村の議会制

普通選挙

町村議会の役割

町村議員

四 地区自治の展開

区から部へ

地区自治の諸相

五 戦時下の町村行政

大政翼賛運動と町村行政

町村常会

部落会・町内会

第七節 地域自治と治安

一 住民組織と町内会の成立

札幌区(市)の住民組織

中正会と東方和合会

住民組織の形成

地域振興と住民組織

鉄北の住民組織

豊平・白石町の住民組織

町内会の形成

公区制への移行

二 火防体制と警防団

災害の発生

火防体制

火災予防組合

警防団の編成

三 警察

警察署の設置

本署新築

戦時下の警察

第八節 兵事

一 市民の兵役

徴兵

志願兵

入営

簡閲点呼

兵事業務

二 軍事演習と行幸

陸軍特別大演習

行幸

大演習の意義

三 非常時体制

日中戦争

太平洋戦争

北部軍司令部

札幌の防衛

軍用施設

【主要参考文献・史料】

第三章 都市計画と社会資本整備

第一節 札幌の発展と都市計画

一 札幌市臨時経画調査委員会

臨時経画調査委員の成果

調査会の成果

札幌の都市造りへの市民の意見

二 都市計画法の施行

都市計画法施行の申請

都市計画法の施行

札幌市土木課都市計画係の設置

道庁都市計画課の設置

都市計画委員会北海道地方委員会委員の選出

都市計画委員会北海道地方委員会の開催

三 都市計画区域と都市計画地域の指定

(一)札幌の発展と都市計画

大正期の札幌

市街地の拡大

市域の拡大と新町名付与

区域指定と隣接町村

道庁の都市計画の調査方針

(二)都市計画区域の指定

札幌市の都市計画区域の調査

『札幌都市計画区域設定参考資料』

都市計画区域の申請と決定

札幌市の都市計画区域

(三)都市計画地域の指定

都市計画地域の調査

札幌都市計画地域の決定

札幌都市計画地域

都市計画地域の問題

四 都市計画事業の開始

(一)都市計画街路の決定

都市計画街路の調査

都市計画北海道地方委員会の審議

札幌都市計画街路の決定

札幌都市計画街路

都市計画街路の変更

都市計画事業の実施

都市計画事業の反響

(二)札幌都市計画風致地区の決定

都市計画風致地区の調査

都市計画風致地区の決定

都市計画風致地区

(三)札幌都市計画公園の決定

都市計画係の公園関係事業

札幌都市計画公園の決定

都市計画公園の事業

(四)土地区画整理事業

札幌都市計画琴似土地区画整理

札幌都市計画東札幌土地区画整理

第二節 社会資本の整備

一 土木事業と札幌

昭和初期の土木事業の展開

土木事業の資金と労働力

二 交通路の整備

(一)道路改良政策の開始

道路改良政策

道路の舗装方針

道路修繕

道庁正門前通の舗装

豊平橋橋面舗装

狸小路の舗装

市街道路の舗装

(二)道路の新設と道路の状況

札幌市の道路新設

諸町村の道路

諸町村の連絡道路

札樽国道の整備

橋梁の整備

三 下水道の整備

大下水と小下水

下水道計画

第一期下水道及び側溝敷設工事計画

札幌市第二期下水道及び側溝工事

四 上水道計画と事業

区制時代の上水道計画

市制後の上水道計画

上水道敷設計画

水道敷設工事の開始

上水道工事と費用

上水道の給水

五 公園その他の施設の整備

大正期の公園の整備

公園其他設営調査委員会

昭和期の公園整備

主要道路の除雪

電気局の除雪

諸施設の整備

第三節 市内の交通機関

札幌電気軌道会社の事業

電車の買収方針

電車買収の経過

電車路線とその延長

札幌乗合自動車株式会社

札幌自動車合資会社

札幌乗合自動車株式会社

バス事業の市営化

民営バスの買収

電気局の事業経営

札幌軌道会社

軽石軌道

札幌郊外電気軌道

北海道中央乗合自動車株式会社

その他の市内交通

実現しなかった軌道計画

第四節 国内交通機関の発達と通信

一 鉄道網の発達

札幌鉄道局の整備

予定鉄道網の計画

札沼線の敷設

桑園駅などの設置

北海道鉄道札幌線(苗穂沼ノ端間)

定山渓鉄道

実現しなかった鉄道計画

二 国内航空路線の形成

民間航空事業の開始

北海タイムス社の航空事業

定期航空路線の開設

三 通信事業

市街地の広がりと郵便局の新設

電話事業の発達

無線電信の開設

【主要参考文献・史料】

第四章 地域経済の変容

第一節 戦間期における地域経済

一 産業構造の特質

札幌市部と町村部の特徴

緩慢な重化学工業化

会社の動向と資本蓄積

札幌経済圏の成長

二 景気変動の特質

卸売価格の推移

株式会社の利益率

不況の諸相

恐慌回復過程

第二節 金融恐慌・昭和恐慌下の金融

一 北海道拓殖銀行と不動産貸付問題

北海道拓殖銀行の業務展開

昭和恐慌期の経営悪化

土功組合救済問題

二 市中銀行の動向と札幌金融市場

札幌市域の銀行

札幌組合銀行の預金金利協定

北門銀行・北門貯蓄銀行の成立

北門銀行の発展

北門貯蓄銀行の特質

北海道の銀行体系構想

第三節 商業と流通

一 卸売機能の発展

魚市場をめぐる資本家と仲買人

青果市場問題

中央卸売市場設立問題

二 商業者の分布

市内商工業者の階層と地理的分布

町村部の商業

三 商業者の経営

札幌問屋の盛衰

小売商問題

第四節 戦時統制経済の確立

一 国土開発と産業構造の変化

石狩工業港構想

北海道開発株式会社

重化学工業化

工業組合による組織化

二 物価統制と軍需景気

暴利取締令と輸出入品等臨時措置法

公定価格

軍需景気の諸相

三 労務動員

時局産業の労働力不足

労務動員の強化

第五節 金融統制と企業合同

一 金融統制下の札幌金融市場の膨張

札幌金融市場の膨張

日銀札幌支店の設置

札幌金融市場の特質

主要銀行の業績と銀行合同

低金利政策

貯蓄奨励策

無尽会社の合同

二 中小商業者の企業合同

商業組合による組織化

卸売業の整理

小売業の整理

【主要参考文献・史料】

第五章 農業の再編成と工業化の進展

第一節 農業

一 農政の展開と札幌の農業

再編成期を迎えた農業

外国人模範農家の招聘

農業試験機関の充実

農村経済更生運動

農会

農事実行組合

産業組合

二 農業構造の変化

農家構成と作物構成

札幌地域における地帯農業の進展

自作農創設事業

土功組合と用水組合

三 農業生産の変化

野菜・果樹

玉葱

亜麻・燕麦・小麦・ビール麦

第二節 酪農と畜産

一 酪農

農民的酪農の形成と大規模農場

札幌酪農組合

酪聯

二 畜産

馬産

養豚

養鶏

養狐

第三節 工業

一 繊維工業

亜麻工業

製綱

製綿・メリヤス

二 食品工業

ビール

清酒・焼酎・醤油

製粉

乳製品

製菓

三 その他の軽工業

製材

木製品

四 機械工業

機械・金属と化学の生産価格

機械器具工業

主要な大規模工場

鋳物業

工業組合と訓練施設

五 化学工業

化学工業

ゴム工業

製薬工業

除虫菊加工と殺虫剤

ガラス工業

第四節 札幌の鉱業・エネルギー産業

一 札幌の鉱山業

手稲鉱山

豊羽鉱山

札幌鉱山

本龍鉱山、豊富鉱山、豊宏鉱山

鉱山街の形成

鉱山の戦時体制

二 電力事業

発電事業の公営計画

電気企業の合同

札幌市の発展と電気需要家の増加

三 ガスの供給

北海道瓦斯株式会社の設立

札幌区内のガス供給区域

灯用から熱用へ

ガス需要の増加

【主要参考文献・史料】

第六章 社会運動と女性問題

第一節 治安維持法体制と戦時下の思想弾圧

一 社会運動抑圧取締の本格化

札幌署「高等係」「外事係」

北大社研事件

無産政党の視察取締

二 三・一五事件から全協諸事件へ

三・一五事件

取調・拷問

起訴・公判

取締機構の拡充

視察取締態勢の厳重化

四・一六事件

全協諸事件

プロ文化運動・学生運動の弾圧

陸軍特別大演習行幸の警備

宗教活動への抑圧

三 日中戦争下の抑圧取締

抑圧取締の拡大

特高機構の拡充

思想犯保護観察の開始

経済警察・労政警察の始動

防諜

「民心の帰趨」

内鮮警察の本格化

四 アジア太平洋戦争下の抑圧取締

予防拘禁

北海道農業研究会事件

レーン・宮沢事件

札幌署の陣容

「思想事犯簇生ノ傾向」

流言蜚語

浅見仙作事件

経済警察・労政警察の緊迫化

思想犯在監者

八・一五前後の治安状況

第二節 無産政党と労働運動

一 労働者の状態

職人から労働者へ

失業者あふれる

十五年戦争と労働者

タコ部屋存続

女性労働者の増加

札幌の朝鮮人

二 労働者組織の多様化

友愛会札幌支部の結成と解消

鉄道従業員組合と札幌合同労働組合

全札幌労働者組合と労働者共和会

札幌労働者組合の衰退

メーデーの歴史

三 無産政党の展開

治安維持法制定反対運動と普通選挙要求運動

労働農民党札幌支部の左傾化

日本共産党札幌地区委員会

全協の若者たち

二つの社会大衆党

四 労働争議の転換

北海道製綱争議

麦酒会社争議の失敗

定山渓の土工夫争議

三度の電車争議

抵抗する手稲鉱山の朝鮮人

第三節 農民運動

一 昭和前期の小作問題

争議の全道的状況

札幌市域の争議

田部検事の見解

北海道型の争議

二 昭和前期の小作争議

札幌市域の小作率

(一)篠路村学田地の争議

争議の発端

小樽新聞の記事

争議の諸段階

法外調停期

依法調停期

調停の成立

(二)藻岩村西野学田地の争議

争議の経過

学田地の経営

昭和五年の争議

昭和六、八年の争議

昭和十~十一年の争議

学田地の解放問題

学田地の売却

豊平町・吉田農場の争議

札幌村の例

三 昭和十年代の小作争議

札幌市の小作争議

白石・手稲村の例

琴似・札幌村の例

日ノ丸農場の例

小作料適正化運動

第四節 女性の問題と自覚的運動

一 札幌の女性の社会参加

婦人見学団

新しい女性

働く女性の地位

二 女性の人権問題

娼妓の実態

待遇改善要求

娼妓の健康問題

芸妓・酌婦・雇女等

「娘の身売り」問題

三 女性の自覚的運動への発展

廃娼運動

女子公民権案と市会

「婦選旗北海道へ進む」

女教員会

社会運動の中へ

第五節 昭和戦前期のアイヌ民族と札幌

一 札幌でのアイヌ民族の活動とアイヌ関係展覧会の開催

アイヌ民族自身の主体的活動

山鼻尋常高等小学校の「開校五十年記念児童成績品及教育参考品展覧会」

犀川会主催「北海道原始文化展覧会」

北海道庁主催「北海道アイヌ手工芸品展覧会」

二 「バチェラー学園」の設立

ジョン・バチェラーと「アイヌ保護学園」

「バチェラー学園」の財団法人化

アイヌ民族とバチェラー

「アイヌ学院」の設立と「旧土人奨学資金給与規程」の制定

【主要参考文献・史料】

第七章 社会生活

第一節 札幌市民の生活史

一 札幌の住民

人口構成

労働者の状態

俸給生活者

日雇労働者

二 日常の市民生活

衣・食の洋風化

住宅の問題

余暇・娯楽

出生・死亡

三 諸団体の活動と生活改善運動

社会的基盤整備

生活改善

禁酒・矯風会

処女会・女子青年団

文化生活研究会

四 大恐慌と社会不安

震災の影響

不況の時代と物価値下げ運動

カフェーの流行と女給

自殺

産児調節

五 満州事変と市民の反応

戦いのなかへ

男女青年団

婦人会活動

在郷軍人会

出征と凱旋

第二節 社会政策の展開

一 失業者の群れと失業対策

失業者数の推移と要因

札幌市立職業紹介所

失業救済事業

二 苦悩する下層社会

保導委員制度

細民調査

貧困者の実態

細民救済

細民街の子供たち

バタヤと新スラムの形成

三 救済政策の展開

救護法の成立

救護状況

方面委員制度と委員の活動

女性方面委員

母子保護法

医療保護法

四 公営社会施設と民間社会施設

公益質屋

公設市場

市立救護所・市立診療所

民間社会事業施設

第三節 保健衛生

一 健民・健兵の思想と体位向上

衛生展覧会

農村衛生調査

壮丁検診

結核予防

伝染病対策

国民保健から体位向上へ

二 「産めよ殖せよ国の為」

乳幼児保護

「産めよ殖せよ」と母性保護

健民・健兵を支える人びと

戦時下の保健衛生

三 塵芥・屎尿処理問題

塵芥処理

屎尿処理

衛生組合

第四節 日中戦争と民衆

一 「戦時」の諸相

昭和十二年夏の札幌

盧溝橋事件と札幌

戦勝と祝賀行事

動員の諸相=官製女性団体

動員の諸相=銃後後援組織

二 はじまる「戦時生活」

国民精神総動員運動と札幌

戦時色の強化

「紀元二千六百年」行事と新体制

昭和十五年の札幌

第五節 太平洋戦争下の市民生活

一 戦時の社会組織

公区・各種団体の足跡

公区と「常会十則」

青年の組織・女性の組織

翼賛壮年団

二 決戦下の銃後

銃後の公区

庶務的活動

経済的活動

貯蓄納税的活動

銃後奉公的活動

警防的活動

教化社会的活動

健民的活動

婦人班活動

三 戦時生活の諸相

動員される女性労働

従軍看護婦

戦争末期の隣組業務と生活の諸相

国民義勇隊

札幌空襲と敗戦

【主要参考文献・史料】

第八章 「教育都市札幌」の実像

第一節 教育機会の拡大とその矛盾

一 初等教育の諸問題

三期にわたる「札幌市教育五年計画」

「夜間小学校」の特設

尋常科授業料の全廃

「欠食児童」問題と学校給食の開始

「札幌市小学校教育是」の制定

二 中・高等教育機関の拡充

中等学校の増設

「夜間中等学校」の開設

北海道帝国大学の設立・拡充と学生運動

三 「錬成」と学徒勤労動員

国民学校の成立と「錬成」

学徒勤労動員の実態

第二節 少年少女の進路の諸相

一 小学校卒業者への「職業指導」体制の整備

北海道庁「少年職業紹介要領」の制定

札幌市立職業紹介所の「就職斡旋」活動

文部省訓令「児童生徒ノ個性尊重及職業指導ニ関スル件」と小学校への「職業指導」の導入

「職業指導」の体制整備とその内容

札幌市立第一高等小学校での「職業指導」の実践

退職する少年少女

札幌少年職業指導協会の発足

『少年職業』の創刊

二 「少年職業戦士」の創出

「職業指導」の戦時体制化と「少年職業戦士」の創出

「少年職業戦士」の職場体験談

「労務調整令」の制定と国民学校での「職業指導」

三 上級学校への進学と「受験準備教育」の実態

中等学校入学者選抜制度の改正

「受験準備教育」と「試験地獄」の実態

昭和三年度の入学志願者選抜の実態

「受験準備教育」の激化と学歴主義

新たな入学志願者選抜制度の模索

第三節 幼稚園教育の成立と展開

一 明治期の札幌の幼稚園

スミス女学校附属幼稚園

創成小学校附属幼稚園から札幌女子尋常高等小学校附属幼稚園へ

「幼稚園保育及設備規程」と「第三次小学校令」の制定

札幌幼稚園から若葉幼稚園へ

聖公会幼稚園

二 大正期の札幌の幼稚園

北光幼稚園

桑園幼稚園

山鼻幼稚園

三 「幼稚園令」の制定と昭和戦前期の札幌の幼稚園

「幼稚園令」の制定

堯祐幼稚園

桑園幼稚園の一時閉園と再開

明星幼稚園

諸町村の幼稚園

戦時体制と幼稚園

四 「盲学校及聾啞学校令」の制定と札幌の障害者教育

「盲学校及聾啞学校令」の制定

私立札幌盲学校と北海吃音矯正学院聾啞部

近藤兼市と私立札幌盲啞学校

「ヘレン・ケラー女史講演会」

最初の公立盲学校としての北海道庁立盲学校

【主要参考文献・史料】

第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制

第一節 大衆文化状況から戦時下の文化統制へ

一 札幌の大衆文化状況

札幌の文化の流れ

大衆文化の成立

関東大震災後の札幌の文化

文化の同時代性

文化団体の叢生

民衆文化論の登場

昭和五~七年頃の札幌の大衆文化

エロ・グロ・ナンセンス

喫茶店ネヴォとプロレタリア芸術

第一回北海道芸術祭

二 戦時下の文化統制

日中戦争の開始と文化状況

戦時下の「風土」「郷土色」の喧伝

文化運動の展開

札幌の地方文化運動の特色

第二節 文学

一 散文・総合誌

外山卯三郎の役割

早川三代治の活躍

『北大文芸』の面々

社会主義の影響

総合誌『北海道』

『北方文学』から『親潮』へ

『北方文芸』創刊

北海道翼賛芸術聯盟の結成

『北方圏』

二 短歌

口語歌の隆盛

『吾が嶺』と『新墾』

『こだま』『蟹』

昭和初年代の歌集

戦時下の短歌

三 俳句

『時雨』の創刊

『暁雲』の創刊

さまざまな動き

四 詩

『展望』の創刊

『北大文芸』の詩

詩誌の隆盛

戦時下の詩

第三節 美術

林竹治郎とその門下生

北海道帝国大学と芸術活動

黒百合会の美術活動

道展の成立

児童美術展覧会

一九三〇年協会・独立美術協会

裸体時代

展覧会場

日本画

書画会

社会と美術

彫刻

日中戦争下の美術

第四節 文化の諸相

一 音楽

建国祭音楽祭

札幌音楽協会

交響楽団

コーラス

その他の音楽活動

演奏家の来札

洋楽の担い手

戦時下の音楽

二 演劇・映画・漫画

札幌の興行

札幌祭と見世物

新劇

無声からトーキーへ

漫画

三 出版・マスコミ

(一)出版、印刷

「北海道の冨貴堂」

出版社の出現

店頭の読書観

印刷技術の発達

(二)新聞、ラジオ

北海タイムスと小樽新聞の競合

北海道新聞の創刊

ラジオ放送局の開局

ラジオの普及

JOlKの活動

戦時下のラジオ

【主要参考文献・史料】

第一〇章 国家神道と宗教の展開

第一節 国家神道と神社

一 国家神道と札幌神社、護国神社

作興詔書と敬神思想の強化

教化運動と敬神思想の普及

強まる国家神道

少国民の神社参拝

札幌神社の整備

開拓神社の創立

明治天皇の合祀と神宮昇格

札幌招魂社と札幌護国神社

忠魂祭と公葬

神職組織と宗教統制組織

二 市内と諸町村の諸社

三吉神社の県社昇格

豊平・弥彦・諏訪神社

稲荷神社

「村社」をめぐる競合

無願社

三 祭典区と信徒組織

札幌敬神講社の設立

祭典区の増加と聯合公区への移行

札幌祭の景況

戦時下の札幌祭

第二節 仏教と寺院

一 仏教界の推移

北海道博覧会と仏教界

民力涵養・作興詔書と教化運動

戦時下の仏教

二 寺院・説教所・宗教結社

寺院・説教所の増加

真宗の動向

寺院の附属団体

仏道宗教結社

三 仏教青年会と仏教婦人会活動

仏教青年会

地区の仏教青年会

婦人・女性の組織

四 観音信仰と地蔵信仰

浅草観音と柳之御影観音

延命地蔵と開拓地蔵

八十八ヶ所

第三節 キリスト教の拡張と戦時下の危機

一 教勢の拡大と神社参拝問題の発生

「昨今の如き教勢は」

神社参拝問題の発生

二 戦時下の到来

教会の消長

市民との接点

日中戦争後の諸相

宗教団体法への対応

三 戦時への順応と受難

太平洋戦争の勃発と教会

受難事件の発生

会堂の接収と終戦

第四節 教派神道と新宗教

一 明治・大正期の教派神道

教派神道の布教開始

明治三十年代の状況

天理教

大正期の教派神道

大正期の天理教

二 昭和前期の教派神道と新宗教

昭和前期の教派神道

北海道神道教派聯合会

天理教

金光教

「類似宗教」と宗教弾圧

神道系宗教結社

【主要参考文献・史料】

図版・写真・表組一覧

刊行の趣旨(昭和五十六年九月十八日)

[◇懇談会委員(五十音順)・編集者ほか]

◇巻構成(*は既刊)

[奥付]