みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

 みやこ町は、その名の通り九州北東部(豊前地方)における拠点地域として、ひと・もの・ことが行き交い、古代から一貫してローカルな「みやこ」としての歴史を積み重ねてきました。記紀には「豊」と紹介され、文字通り豊かで温暖な気候・風土が特色となる地域ですが、当地にはそのことを反映した歴史・文化遺産が豊富です。この画面上でその遺産の一部をご覧いただき、この地の豊かな恵みに想いをはせていただければ幸いです。

みやこの「ひと(先人の事績)」
・小宮豊隆宛て 夏目漱石・寺田寅彦書簡
 小宮豊隆(1884-1966)は、現福岡県京都郡みやこ町出身のドイツ文学者。夏目漱石の門下としても知られています。平成25年(2013)以降、数回に分けて、夏目漱石が小宮に宛てた手紙や、物理学者で親友の寺田寅彦が小宮に宛てた手紙など、あわせて1000点近い資料が小宮家から故郷のみやこ町に寄贈されました。みやこ町では、それら資料を「小宮豊隆資料」と名付け、町歴史民俗博物館に所蔵。また博物館内に記念展示室を設けて、小宮の人生と業績を紹介しています。
書簡一覧        小宮豊隆年譜        書簡送付年代一覧
みやこの「もの(記録と造形)」
・「小笠原文庫」資料 NEW
 旧小倉藩主・小笠原家旧蔵の大名家文書(文化度朝鮮通信使資料や「御当家末書」「豊倉記事」に代表される家譜や幕末維新期資料など)を中心に、旧藩士から寄贈された文書等(各種地方文書や武家礼法書など)および近代の中等教育資料(当時の教科書類・豊前育英会資料など)を含む約7,000点の史料群です。平成17年(2005)に福岡県の有形文化財に、平成29年(2017)には、同資料中の「小倉藩朝鮮通信使対馬易地聘礼記録」がユネスコ『世界の記憶』遺産リストに登録されました。
資料目録(全)  /  同(画像あり)        資料解説        目録の凡例
トピック資料: 『豊前国絵図』画像        『小倉藩朝鮮通信使対馬易地聘礼記録』画像
 
・木造僧形八幡神坐像
 この僧形八幡神坐像は、生立八幡宮のご神体として応永元年(1394)に地頭・西郷高頼の寄進によって造られました。
3D画像        平面画像        目録
・金銅十一面観音懸仏
 この懸仏は彦山修験の一翼を担う小規模霊山として栄えた蔵持山に伝存し、山内伽藍の一つ白山社の尊像として祀られていたとみられています。
3D画像        平面画像        目録
・銅製鰐口(宝徳元年銘) NEW
 彦山末の霊山として知られる蔵持山権現社に奉納された鋳銅製の鰐口で、表面に「謹奉施入蔵持山三所大権現御宝前 時于宝徳元年十一月吉日 大願主敬白秀 大工頼安」の銘がある。中世の名工として知られる豊前今井鋳物師の作品例。
3D画像        平面画像        目録
・銅製鰐口(永享八年銘) NEW
 蔵持山権現社(観音堂)に奉納された鋳銅製の鰐口で、表面に「奉懸観音堂鰐口之事 右夫精志老 天下泰平万民安楽公家武家専祈且越 所年□□成就□□有久 時于永享八年丙辰孟夏初八日施主敬白」の銘がある。
3D画像        平面画像        目録
みやこの「こと(歴史・あゆみ)」
・『豊津町史』
 みやこ町の前身の一つ、旧豊津町刊行の『豊津町史』古代~近代初頭編です。文化遺産豊富なみやこ町豊津地区の歴史を詳しく知ることが出来ます。平成9年刊行。
目次画面        年表        目録
・みやこ町歴史民俗博物館だより
 「みやこ遺産」について分りやすく紹介したコラムが好評です。博物館のメインHP「みやこ町デジタルミュージアム( http://www.miyako-museum.jp)」のサイドメニューでご覧いただけます。

・平成27年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産を活かした地域活性化事業)
・平成28年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産を活かした地域活性化事業)
・平成29年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)
 
メタデータ(目録):1,529 件、 画像データ:248 件、 本文テキストデータ:1,156 件   ( 2018/12/19 0:35:01 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
みやこの「ひと(先人の事績)」 本文閲覧目録閲覧
みやこの「もの(記録と造形)」 本文閲覧目録閲覧
みやこの「こと(歴史・あゆみ)」 本文閲覧目録閲覧年表閲覧