みやこ町 文化遺産


小宮豊隆宛て 夏目漱石・寺田寅彦書簡

小宮豊隆(1884-1966)は、現福岡県京都郡みやこ町出身のドイツ文学者。夏目漱石の門下としても知られています。平成25年(2013)以降、数回に分けて、夏目漱石が小宮に宛てた手紙や、物理学者で親友の寺田寅彦が小宮に宛てた手紙など、あわせて1000点近い資料が小宮家から故郷のみやこ町に寄贈されました。みやこ町では、それら資料を「小宮豊隆資料」と名付け、町歴史民俗博物館に所蔵。また博物館内に記念展示室を設けて、小宮の人生と業績を紹介しています。
         書簡一覧       小宮豊隆年譜       書簡送付年代一覧

『元禄豊前国絵図』

国絵図は、江戸幕府が諸大名に命じて作成させた国ごとの絵図です。みやこ町が誇る文化遺産の一つ、福岡県指定文化財「小笠原文庫」には、元禄時代に作成された豊前国絵図がのこされています。
         画像       目録

『豊津町史』

みやこ町の前身の一つ、旧豊津町刊行の『豊津町史』古代~近代初頭編です。文化遺産豊富なみやこ町豊津地区の歴史を詳しく知ることが出来ます。平成9年刊行。
         目次画面       目録

         平成27年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産を活かした地域活性化事業)

他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索はこちら

      みやこ町歴史民俗博物館ホームページ

小宮豊隆宛 夏目漱石・寺田寅彦書簡 本文閲覧キーワード検索
元禄豊前国絵図 キーワード検索
豊津町史(古代~近代初頭) 本文閲覧キーワード検索