今治市立図書館/国府叢書・文化財絵はがき(絵馬・絵巻物・屏風)

 古くは、伊予の国府が置かれていた、今治の歴史を語る上で、欠かせない代表的な資料「国府叢書」と今治の貴重な文化財を絵はがきにした「今治市文化財絵はがき」を、公開しています。

「国府叢書」

 
 
「国府叢書」 全65巻は、庄屋加藤家が代々残した今治藩政の数々の史料を基に編集(編纂)したもので、今治市屈指の郷土史資料集です。その編集は、加藤家の先祖で旧桜井村長の加藤徹太郎氏の父であり、最後の国分村庄屋であった友太郎氏によるものです。藩政の実態や村の生活が忠実に解説された、まさに今治藩政の百科事典ともいえる貴重史料です。 (「国府叢書」(巻1~23)の巻頭言を引用)
 国府叢書の1~23巻は翻刻され『今治郷土史』4巻として刊行されています。 ADEACでテキスト化された綱文(こうぶん)から、刊本の該当ページの画像を閲覧することができます。
  (綱文とは、その資料に掲載されている事柄(の概要)を示したもので、目次の役割を果たすものです。)
 後半の24~65巻についても、公開に向けて翻刻作業を進めています。この度、その中から32、35、42、50、51巻の綱文と翻刻を公開します。
当事業は図書館振興財団の平成26年度提案型助成事業として助成を受け実施しています。

今治市の文化財絵はがき(絵馬・絵巻物・屏風)

今治市の文化財絵はがき(絵馬・絵巻物・屏風)をデジタル化しました。高精細画像を閲覧できます。また、目録から検索ができます。
画像は一例です。画像をクリックすると高精細画像が表示されます。

 
メタデータ(目録):136 件、 画像データ:142 件、 本文テキストデータ:3,882 件   ( 2019/10/14 0:35:00 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
国府叢書 巻1~23 本文閲覧目録閲覧
国府叢書 巻24~65 本文閲覧目録閲覧
今治市の文化財絵はがき(絵馬) 目録閲覧
今治市の文化財絵はがき(絵巻物) 目録閲覧
今治市の文化財絵はがき(屏風) 目録閲覧