堺市立中央図書館/堺市史

『堺市史』(昭和5年刊、昭和52年復刻 清文堂出版)は、『大阪市史』や『長崎市史』とならんで日本三大市史の一つとして学術的に高く評価されています。
なかでも、人物誌や神社・寺院誌、名蹟誌を所収する第七巻(別編)は、もっとも利用されています。

第七巻のデジタル化により、本文や史料の目録を対象とした検索、閲覧のほか、版面画像をご覧いただくことができます。

      ※第一~六巻、及び第八巻については、国立国会図書館のデジタルコレクションから初版の全ページの版面画像をご覧いただけます。
  第一巻(本編)       第二巻(本編)       第三巻(本編)      
第四巻(資料編)       第五巻(資料編)       第六巻(資料編)      
       第八巻(索引・年表・編纂沿革)

他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索はこちら