立命館大学図書館/加藤周一デジタルアーカイブ

「加藤周一文庫」について

 立命館大学図書館は、2011年2月、加藤周一の御遺族より、自宅に所蔵されていた厖大な蔵書と遺稿・ノート類の寄贈を受けた。これは加藤が、本学国際関係学部の客員教授や国際平和ミュージアム初代館長を務めるなど、本学とゆかりが深かったことから、御遺族の意向により実現したものである。本学では、これを2016年4月に新たに開設される「平井嘉一郎記念図書館」に収め、「加藤周一文庫」として広く公開する。

   

   立命館大学図書館ホームページ:http://www.ritsumei.ac.jp/lib/

加藤周一

「手稿ノート」について

 本文庫には蔵書のほかに、「手稿ノート」、来信書簡、写真、手帳、新聞切り抜きや地図など資料類が収められる。 ...▼
「手稿ノート」は、少数の冊子型ノートと多数のルーズリーフ型ノートに分かれるが、その総頁数は10,000頁を超える。ルーズリーフ型ノートの大半は、加藤自身によって主題別にファイリングされ、そのファイル数は1,000を超す。これらの「手稿ノート」は主として執筆の準備のために取られたものであり、加藤の著作や思想を精しく分析するための重要な資料となるものである。これらの「手稿ノート」は、現在、立命館大学図書館および同大学加藤周一現代思想研究センターを中心に整理が進められており、整理作業が完了し次第、デジタルアーカイブ化し、公開する予定である(ただし一部非公開のものを含む)。

▶ 手稿ノート一覧
作成年代                資料と解説  (収録内容とキーワード)
1970 「中華人民共和国1971」 ▼ NEW

 加藤が最初に中華人民共和国を訪れたのは1971年9月から10月にかけてのことである。文化大革命が進行していた時期であり、紅衛兵が活発に活動していた。本ノートは中国訪問時に購入もしくは譲渡されたものだろう。冒頭には毛沢東の写真が載っている。そして訪れた土地(広州、北京、西安、大慶など)で見たこと聞いたことに関するメモが綴られる。そこには、人に会って聞いた話の内容に関するメモ、台湾独立や米中問題などの政治状況から中国病院における針麻酔見学まで、あるいは中国経済から日中商談に至るまでのメモが記されている。これらのメモは『中国往還』(中央公論社、1972)のいくつかの論考に活かされている。
          収録内容・キーワードから見る


1960 「〔日本文学史〕」 (古代) (平安) (中世)NEW (江戸)NEW  

 加藤周一の代表作のひとつは『日本文学史序説』である。十数年を費やして執筆の準備を重ねたが、その過程で採られたのが日本文学史関連ノートである。ノートはわら半紙やルーズリーフに綴られ、加藤自身によって表題がつけられ、ファイルされている。同一ファイルに収められるノートの書かれた時期を確定するのは困難である。「〔日本文学史(古代)〕」とか「〔日本文学史(平安)〕」といったように、時代ごとにファイルされたものもあれば「富永仲基」「鷗外・茂吉・杢太郎」といったように、人物ごとにファイルされたものもある。それぞれのノートが『日本文学史序説』や日本文学関連著作の叙述にどのような形で活かされているかを確認することができ、加藤文学史の特徴が浮かび上がる。
          収録内容・キーワードから見る


「1968 1969」 ▼

 1968年から69年にかけては世界史が転換した時期であり、大きな事件が次々に起きる。ヴェトナム戦争ではテト攻勢をきっかけとして北爆が停止され、パリ和平交渉が始まる。ヨーロッパでは、チェコスロヴァキアの自由化「プラハの春」が起こり、それを弾圧するためにソ連軍がプラハに侵攻した。先進資本主義国では学生たちが体制に対する「異議申し立て」を唱える。世界の大事件が起きると、加藤は徹底した情報収集に努めるが、その過程で採られたのが本ノートである。主要なメディアがプラハ侵攻について何を報じているかを書きとめ、その経済的背景を押さえる。本ノートによって、国際問題を考える場合の加藤の視点と方法を知ることができる。
          収録内容・キーワードから見る


「狂雲集註」 ▼

 一休は室町時代の禅僧であり、名は宗純といい、狂雲子とも号した。われわれが知る一休は「頓知の一休」であり、「高僧一休」であり、そして「破戒僧一休」でもある。一休が詠んだ『狂雲集』は、一千首を越える漢詩であり、一休を理解するうえで重要な作品である。その内容は多岐にわたり、仏教哲学を論じ、当時の禅僧たちの風俗習慣を批判し、盲目の森女との愛をポルノグラフィックに詠う。加藤は一休に関心をもち、『狂雲集』を読み解き、ブリティッシュ・コロンビア大学で講じ、「一休という現象」(初出『日本の禅語録』1978)をはじめとする一休論を著わす。一休論は加藤の日本文学史研究の「定点」となるが、本ノートは、大学講義や一休論執筆のための準備作業として採られたものである。
          収録内容・キーワードから見る


「Notes on Arts」 ▼

 本ノートは1960年代中頃に採られたノートであり、《Notes on Arts》と英語表記されるが、日本美術史に関するノートである。加藤の日本美術史研究は1960年代に本格的に始まり、本ノートは日本美術史研究を進める過程で採られた。本ノートには加藤が見て歩いた仏像彫刻や源氏物語絵巻についての記述があり、加藤自ら描いた図も含まれる。このノートから「仏像の様式」(初出『芸術論集』1967)や「『源氏物語絵巻』について」(初出『東京新聞』1965)や「日本の美学」(初出『世界』1967)が著わされる。この三つの論考は、加藤の日本美術史研究にとっては大きな意味をもち、これによって日本美術史研究の基本的な枠組みをつかんだ。
          収録内容・キーワードから見る


「晩香波日記」 ▼ NEW

 「ヴァンクーヴァー日記」と読む。安保改定問題が終わった1960年秋に、加藤はカナダのヴァンクーヴァーにあるブリティッシュ・コロンビア大学に招かれて、准教授として赴任する。以後、1969年まで同大学に籍を置くが、その時代を加藤は「蓄積の時代」とのちに呼んでいる。本ノートは1962年から1963年にかけて採られた。日記というよりもメモ書き、あるいは読書ノートという性格が強い。冷戦時代の国際政治に関するメモ書きが多いが、これらは1963年『毎日グラフ』に連載された「加藤周一の世界漫遊記」などに活かされており、加藤の国際政治への目配りの方法をうかがい知ることができる。日本文学史へのメモは書かれていない。
          収録内容・キーワードから見る


1950 「タシュケント1958」 ▼ NEW

 1955年フランス留学から帰るとき、加藤は、マルセイユから神戸まで、一か月半をかけた船旅を選んだ。ゆく先々の港を通過しながら、加藤は「アジアは一つではない」ことを実感すると同時に、アジアを見たいという欲求を高めた。アジアを見る機会は1958年にやってきた。第1回アジア・アフリカ作家会議(第2回アジア作家会議ともいう)がウズベキスタンのタシュケントで開かれ、その準備委員として現地に赴いた。そして作家会議が終わると、ヨーロッパに回り、アフリカに足を伸ばし、インドに渡った。本ノートはそのときに採られた。手帳に綴られており、日記帳と見たもの聞いたものを書き留めたメモ帳とを兼ねている。アジアで見たこと、考えたことも綴られている。
          収録内容・キーワードから見る


「京都ー奈良1957」 ▼ NEW

 加藤はフランス留学中に、フランスに留まるか、フランスから帰るかについて悩んだ(その悩みを主題にした小説が『運命』(講談社、1956)である)。そして日本を学びなおそうと決意して帰国の道を選んだのであるが、フランスで大聖堂やロマネスク寺院を巡り歩いた経験は、加藤の奈良、京都の寺院に対する関心を強めた。本ノートは1957年に奈良の法隆寺、法起寺、法輪寺、薬師寺、唐招提寺や、京都の修学院、大徳寺、高山寺などを歩いたときのメモである。本ノートは『芸術論集』(岩波書店、1967)に収められた「仏像の様式」という論考に活かされ、また時代は下がるが『日本 その心とかたち』(平凡社、1987-1988)に活かされている。
          収録内容・キーワードから見る


「〔詩作ノート〕」 ▼

 1951年11月から55年1月までフランスに留学するが、加藤はフランス国内だけではなく、スイス、イタリア、ドイツ、イギリス、オランダなどを旅する。ルネサンス絵画を観るためにイタリアに行ったのは1952年秋のことである。フィレンツェでのちに結婚することとなるヒルダ・シュタインメッツと出会い、ヒルダに愛を感じる。加藤は女性に愛を感じたとき詩を詠むことが多く、小さな本ノート(縦17センチ、横11センチ)には、ヒルダへの愛が詠まれた詩や、ヒルダへの愛をきっかけとして訪れた地に対する覚書が綴られる。ノートに表題は付けられていなかったが、われわれはこれを〔詩作ノート〕と名づけた。書かれた年代は1952年から54年にかけてだろう。ヒルダへの愛の喜びだけではなく、愛の苦しみや愛の悩みも詠まれる。
          収録内容・キーワードから見る


1940 「JOURNAL INTIME」 ▼

 《Journal Intime 1948-1949》および《Journal Intime 1950-1951》は、1948年から1949年、そして1950年から1951年にかけての公私にわたる出来事が綴られた日記である。加藤周一が、戦後初期、作家として旺盛な執筆活動を展開しはじめる時期からフランスに留学する直前までの時期に当たる。加藤の人生の重要な転機となった時期であり、そのきっかけとなった母ヲリ子の逝去に至る日々が描かれ、ヲリ子の「遺言」も付される。また、三島由紀夫、竹内好、中野重治ら、当時加藤と交流があった文学者たちにも言及される。このころ加藤が多忙をきわめたため、途中から妻綾子も日記を綴った。しかし、綾子の書いた部分は綾子の御遺族の御意向により割愛されている。
          収録内容・キーワードから見る


「青春ノート」 ▼

ノート 「手稿ノート」には、加藤が1937年から1942年5月にかけて、すなわち17歳から22歳にかけて書き綴った8冊の冊子型ノートがある。われわれはこれを「青春ノート」と名づけて、最初に公開できるよう準備を進めてきた。この「青春ノート」から、青年時代の加藤の生き方と、その後の加藤の思想と行動の原点を知ることができる、と考えたからである。
 「青春ノート」には、短編小説、詩歌、評論、随想、日記、警句などが綴られる。加藤が思索したことが記されるが、そのいくつかはのちの加藤の著作に発展継承されていく。
 たとえば「一九四一年十二月八日」という表題の日記がある。そこには太平洋戦争が始まった日の大学内の様子や、教授陣の態度や、加藤が考え感じたことが述べられており、これは加藤を知る上で重要であるばかりではなく、歴史的な資料としても貴重である。
          収録内容・キーワードから見る

1930

▶ 凡 例          ▶ キーワード検索

他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索はこちらへ   
 
メタデータ(目録):1,092 件、 画像データ:685 件、 本文テキストデータ:0 件   ( 2020/07/04 0:35:02 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
青春ノート 目録閲覧
JOURNAL INTIME 目録閲覧
〔詩作ノート〕 目録閲覧
Notes on Arts 目録閲覧
狂雲集註 目録閲覧
1968 1969 目録閲覧
〔日本文学史〕 目録閲覧
京都ー奈良1957 目録閲覧
タシュケント1958 目録閲覧
晩香波日記 目録閲覧
中華人民共和国1971 目録閲覧
日本語 Translated by machine
日本語 English