近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

  • ※画像クリックで拡大表示されます

    近江八幡市には、佐々木六角氏の観音寺城、織田信長の安土城、豊臣秀次の八幡山城という時代を代表する城郭址があります。その城下を通る街道により、様々な人々が交流し、数多くの歴史遺産が残される文化のまちです。
    また近江商人の故郷の地である八幡町は、町なみの美しさと、まちのそばを通る八幡堀が、観光地としても有名で、年間約300万人もの人が訪れます。
    そしてこの町の成立には、織田信長・豊臣秀吉(秀次)・徳川家康がかかわっていて、関係史料も本市所蔵となっています。

八幡堀イラスト

イラスト提供:(株)ヤマプラ ※無断データ複製厳禁

※詳しい閲覧方法については ヘルプ をご覧下さい。他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索は こちら

当事業は公益財団法人図書館振興財団の平成31年度振興助成事業として助成を受けています。

 
メタデータ(目録):587 件、 画像データ:671 件、 本文テキストデータ:469 件   ( 2020/07/03 0:35:02 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
古文書 絵図・地図 引札・チラシ等 本文閲覧目録閲覧
『湖畔の声』 本文閲覧目録閲覧
『太湖』 本文閲覧目録閲覧
朝鮮人街道と八幡町 本文閲覧目録閲覧
中山道と武佐宿 本文閲覧目録閲覧
日本語 Translated by machine
日本語 English