松阪市図書館/松阪 四五百森(よいほのもり)デジタルアーカイブ

松阪 四五百森(よいほのもり)デジタルアーカイブ

  • 御城番屋敷
  • 旧長谷川治郎兵衛家
  • 松阪市立歴史民俗資料館
  • ヤマユリ
  • 珍布峠
  • 深野のだんだん田

 松阪市は三重県のほぼ中央に位置し、東西約50 Km、南北約37 Kmと東西に延びる広大な市域を持っており、年間を通して温暖でおだやかな気候の地域です。
 江戸時代には交通の要として多くの人が往来し、宿場町として栄えました。また、おおらかな商人気質と当時の安定した時代背景ともあいまって、商人のまちとして繁栄しました。その時代の中で、豪商と呼ばれた三井高利や国学という学問を完成させた本居宣長、北海道の名付け親とされる松浦武四郎などはこうした松阪のまちで生まれています。
 当アーカイブは、松阪神社の古称である「意悲神社の森(おいじんじゃのもり)」、あるいは「宵の森(よいのもり)」が語源といわれている“四五百の森(よいほのもり)”にちなみ、デジタルコンテンツが松阪市民の憩いの森になってくれることを願って作成いたしました。ぜひ、ご覧ください。

三重県地図
  • 松阪市図書館
  • 松阪市観光情報サイト
  • 本居宣長記念館
  • 松浦武四郎記念館
  • 松阪市文化財センター
  • 松阪市歴史民俗資料館
 
メタデータ(目録):4 件、 画像データ:5 件、 本文テキストデータ:2 件   ( 2022/05/18 0:35:02 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
日本語 Translated by machine
日本語 English