静岡県富士山世界遺産センター 静岡県富士山資料デジタルアーカイブ



     平川コレクション 富士山絵はがき

       静岡県富士山資料デジタルアーカイブ

静岡県富士山資料デジタルアーカイブは、2017年12月23日、静岡県富士宮市に開館の、静岡県富士山世界遺産センターが運営するデータベースです。
富士山の多様な側面について情報発信を行う当館では、館蔵品や寄託資料のデジタル化と公開を順次行っていきます。

開設第一弾として、平川コレクションの富士山絵はがき約450点を公開します。
絵はがきという小さな画面に表現された、さまざまな富士山の姿をぜひお楽しみ下さい。


    静岡県富士山世界遺産センターについて

静岡県富士山世界遺産センターでは、富士山を「登拝する山」「荒ぶる山」「聖なる山」「美しき山」「育む山」「受け継ぐ山」の6つの面からとらえ、最新のデジタル機器を用いた展示でわかりやすく紹介します。
また、館外に向けても富士山の多彩な価値についての情報発信を行っていきます。
ADEACのデジタルアーカイブシステムを利用した富士山資料の公開もその一つです。



*静岡県富士山世界遺産センターについての情報は下記のURLより御覧下さい。

   静岡県富士山世界遺産センターホームページ:https://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-150/fujisanwhc-top/fujisanwhc-top.html


   「平川コレクション 富士山絵はがき」とは

「平川コレクション 富士山絵はがき」データベースは、日本屈指の絵はがきコレクターで、『絵はがきで愛でる富士山』(青弓社、2014年)の著者でもある平川義浩氏の膨大なコレクションの中から、富士山に関する絵はがきのデータを御提供いただき実現したものです。
明治30年代から昭和期までの、年賀状、広告、観光案内、登山写真、浮世絵の複製などさまざまなジャンルの富士山絵はがき約450枚が御覧いただけます。
デザインの美しさのみならず、資料としての価値も高い富士山絵はがきからは、富士山に寄せる人々のさまざまな思いも伝わってくるようです。

最後になりましたが、データベースの公開に関して御尽力下さいました
平川義浩氏に厚く御礼申し上げます。



絵はがきを見る  

テーマから見る      地図から見る      すべての絵はがきを見る

キーワード検索


※詳しい閲覧方法についてはヘルプをご覧下さい。
他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索はこちらへ。

※当デジタルアーカイブで公開された資料の画像を無断で複製・転用することを禁じます。

平川コレクション 富士山絵はがき キーワード検索