木曽町図書館/合併町村史

木曽町は平成17年11月1日に、木曽福島町・日義村・開田村・三岳村の4町村が合併して誕生した町です。長野県南西部に位置し、霊峰御嶽山、木曽駒ヶ岳、開田高原、中山道、木曽義仲発祥の地など、自然や文化豊かな町です。 合併町村史
<合併町村史>
 各図書の目次画面が表示されます
  『三岳村誌』 1987 上巻 下巻
  『木曽福島町史』 1982-1983 第1巻 第2巻 第3巻
  『日義村誌』 1998-2005 自然編 歴史編上巻 歴史編下巻 民俗編
  『開田村誌』 1980 上巻 下巻
 キーワードから合併町村史の本文等の画像を見ることができます
キーワード一覧画面
<町村史一覧>
 各図書の目次画面が表示されます
  『木曽の麻衣』 1973
『開田村考古博物館』 1992
『木曽福島公民館六十年の歩み』 2006
『開田村の石造文化財』 1993
『日義村の石造文化財』 1989
『山村蘇門』 1999
『福島関所』 2001
『木曽福島町の文化財めぐり』 2002
『写真集 飛躍100のあしあと』 1993
『ふるさと再発見』 2005
郷土資料

町村史の目次を検索する場合はこちら

他の自治体史・歴史資料を含めた横断検索はこちら
 
メタデータ(目録):21 件、 画像データ:116 件、 本文テキストデータ:21 件   ( 2018/10/22 12:06:07 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。