多摩デジタル新選組資料館/新選組関連資料

 イベントのお知らせ  出版物のお知らせ            
      東京都多摩地区は、新選組局長近藤勇と副長土方歳三の出身地です。
      小島鹿之助は、多摩郡小野路村外34ケ村組合村の寄場名主で、天然理心流三代師範近藤周助に嘉永元年(1848)に入門しました。
      近藤勇は、近藤周助の門人となり、同2年(1849)に周助の養子となりました。勇は、嘉永5年(1852)に小島家に訪問し、
      京都へ行くまで12年間にわたって小島家に剣術指南に訪れています。
      佐藤彦五郎は土方歳三の義兄で、多摩郡日野宿外43ケ村組合村の寄場名主と日野宿本陣を務めました。屋敷内に道場を設けて
      嘉永3年(1850)から近藤周助、のち勇の師南を受けました。
      近藤勇は四代天然理心流師範として、武州多摩郡の豪農(大名主)の家を回って、武術を広めました。
      このような近藤、土方の交友関係から、新選組関係史料が多摩地区には、多く残されています。
      小島資料館、佐藤彦五郎新選組資料館の2館を軸に「多摩デジタル新選組資料館」として、資料を公開します。
 航空写真銅版画コピー航空写真
小島資料館(東京都町田市小野路)航空写真(2016年5月)
      新選組を支援した多摩の豪農
      近藤勇が学んだ武術天然理心流とその門人
      書簡から見た人物
      その他新選組関連資料
 
      小島資料館へ      佐藤彦五郎資料館へ
        当事業は公益財団法人図書館振興財団の平成28年度提案型助成事業として
        助成を受け実施しています。
  
 
小島家の日記『梧山堂雑書』 本文閲覧目録閲覧
小島資料館 所蔵資料 本文閲覧目録閲覧
佐藤彦五郎新選組資料館 所蔵資料 目録閲覧