宮代町立図書館 宮代町デジタル郷土資料

 宮代町は、縄文時代に奥東京湾を臨む大宮台地に位置していたため、約8000年前から「ムラ」を形成し、中世には鎌倉街道沿いの集落として、近世には日光御成街道沿いの徳川家の経済基盤を支える農村として発展してきました。そのため、前原遺跡等の出土品、中世の「西光院阿弥陀如来像及両脇侍像(国指定重要文化財)」、近世の農村状況を伝える「騎西領落堀堰論裁許状」、江戸庶民の旅日記「道中日記覚」、庶民信仰を示す「円空仏」、近世の貴重書「五魂説 完」等の文化遺産を多数保有しています。これらの文化遺産をデジタル化して公開します。
『宮代町史』の本文、各資料の目録を対象とした「検索閲覧システム」をご利用いただけます。 詳しい閲覧方法についてはヘルプをご覧下さい。
宮代町史 宮代町文化財
  下の画像は一例です。 文化財の画像一覧はこちらより
   
通史編
民俗編
ビジュアル版「水と緑の宮代」
真蔵院円空仏3D 岩槻城絵図 道中日記
※資料に関するお問い合わせは宮代町郷土資料館へ    
みやしろ電子図書館で郷土資料を見る
宮代町立図書館のホームページへ
宮代町のホームページへ
宮代町史 通史編 本文閲覧キーワード検索
宮代町史 民俗編 本文閲覧キーワード検索
宮代町史 ビジュアル版 本文閲覧キーワード検索
宮代町の文化財 キーワード検索