さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

歌人

大西 民子

おおにし たみこ

(1924年 - 1994年)

生い立ち 年表

さいたま市は戦後歌壇に大きな役割を果たした「新歌人集団」の誕生の地であり、日本の歌壇史に残る優れた歌人を多く輩出しています。
なかでも大西民子は25歳の時に大宮市(現・さいたま市)に移り住んでから40年以上、亡くなるまで歌人として活動を続けてきました。
日常の中で感じたことを丁寧に歌へ詠んだ大西民子。
1996年には大西民子の関係者より原稿や本などの資料約1万点が大宮市(現・さいたま市)に寄贈されました。
今回、貴重な資料の末永い保存の為、またより多くの方々が活用できるようデジタル化を行い公開いたします。

作品

直筆資料

音声資料

写真

データベース

リンク集

 
メタデータ(目録):1,749 件、 画像データ:1,218 件、 本文テキストデータ:1,324 件   ( 2020/08/04 0:35:01 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
大西民子の生い立ち(附年表) 本文閲覧年表閲覧
全短歌(10824首) 本文閲覧
歌集未収録の短歌 本文閲覧年表閲覧
歌稿(五十音順) 本文閲覧
初期の手作り歌集等 本文閲覧目録閲覧
日々の手記・和歌・文集思ひ出のまゝ 本文閲覧目録閲覧
色紙・短冊 目録閲覧
自筆原稿等 目録閲覧
大西民子著作目録 本文閲覧
大西民子原稿データベース 目録閲覧
大西民子作品・初句二句索引 本文閲覧
写真 本文閲覧目録閲覧
音声資料 本文閲覧目録閲覧
刊行物 本文閲覧目録閲覧
日本語 Translated by machine
日本語 English