水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸市立図書館が所蔵する貴重資料コレクションの「常磐公園攬勝図誌」、明治期から昭和初期の水戸市の地図、水戸の町名/まちの移り変わりと標示柱などをデジタル画像で閲覧いただけます。

偕楽園の解説書―常磐公園ときわこうえん攬勝図誌らんしょうずし

明治時代に松平雪江により書かれた「常磐公園攬勝図誌」は、日本三名園の一つ「偕楽園」とその周辺の案内書です。天保13年(1842年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られた偕楽園は約100種3,000本の梅が香しい早春の訪れを告げてくれます。

叙・偕楽園記はオリジナルの読み下し文も搭載しています

原本の画像と翻刻文を同時に見ることができます

当時の風景と現代の風景(2019年撮影)を比べてみることができます

※景観写真の貸出用パネルを作成しました。詳しくはこちらの貸出方法(PDF)をご覧ください。

地図で見る明治~昭和初期の水戸市の変遷

水戸市の地図(明治34年から昭和10年までの「水戸市街改正全図」、「水戸市現勢地図」、「水戸市全地図」、「水戸市全図」、「水戸市及び三浜全図」)につきましては、同一地点で水戸市の変遷を比較して見ることができます。
また、「大日本職業別明細図」(大正14年)では、当時の屋号などを確認することもできます。

水戸の町名/まちの移り変わりと標示柱

「水戸の町名」は、懐かしい旧町名や町区画を記録に残し、水戸の町の移り変わりを後世に伝えるため、水戸市が発行したものです。旧町名には、鉄砲町や馬口労町など、城下町や生活に密着したものが多く、市内に設置されている「旧町名標示柱」は、私たちに当時の水戸の様子を伝えてくれます。文章だけでなく、旧町名標示柱の写真データ、地図データなどもデジタル画像で閲覧いただけます。

水戸百年

 平成元年に水戸市100年委員会により発行された写真集「水戸百年」は、明治・大正・昭和と移りゆく水戸市を写真集にまとめたもので、水戸市の大変貴重な地域資料です。
 当時の風景写真とほぼ同じ地点から撮影した現在の風景写真がご覧いただけます。また、その場所を「水戸市市街明細地図」、「中心商店街マップ」で示しています。

水戸城下絵図

 「水戸城下絵図」は、江戸時代の慶安4年(1651年)から天和、宝暦、明和、天保12年(1841年)までの水戸城を中心として描かれたもので、水戸市立博物館が所蔵する貴重な資料です。
 高精細画像により、水戸城下の町の区割りや藩士の屋敷など、江戸時代の町の変遷をより精密にご覧いただけます。

 
メタデータ(目録):789 件、 画像データ:686 件、 本文テキストデータ:309 件   ( 2021/08/04 0:35:03 時点 )
※本文テキスト:史資料のテキストデータのこと。WEBページ1画面を1件とカウントしています。
  
 
「常磐公園攬勝図誌」刊本 本文閲覧目録閲覧
地図 目録閲覧
標示柱 本文閲覧目録閲覧
水戸の町名 本文閲覧目録閲覧
水戸百年 本文閲覧目録閲覧
水戸城下絵図 目録閲覧
日本語 Translated by machine
日本語 English