日本植物誌 図版 索引画面

『日本植物誌』について

第一篇は植物学者ツッカリーニの編集で1835年から1841年にかけて10冊にわけて刊行され、第二篇はシーボルトとツッカリーニの共編で1842年から1844年までに6冊が刊行されたところで両者の死去によりライデン国立植物園長ミクエルが編纂を引継ぎ1870年に10冊分目まで刊行しています。
この本に収められている図版は第一編100図版、第二編50図版で『FAUNA JAPONICA』同様に美しい彩色が施されています。当館所蔵本は、全一冊に製本されています。

図版を見る

このページでは『日本植物誌』に図版が収録されている植物の一覧をご覧いただけます。

  • 画像をクリックすると大きな画面で図版をご覧いただけます。
  • 科名と和名の一文字目(五十音)から表示する植物を絞り込めるほか、科名・和名・学名を対象にキーワード検索が行えます。「キーワード」欄に入力した内容に該当する図版だけが表示されます。

    ※科名・和名・学名は『シーボルト 日本の植物』大場秀章監修・解説 瀬倉正克 訳 八坂書房 1996年刊 によります。
    (一部、『シーボルト 日本植物図譜』講談社 1984年刊の記載による)

図版番号 図版 科名 和名 学名(原本) 現在の学名