デジタル 港区教育史

DEGITAL EDUCATION HISTORY OF
MINATO CITY

デジタル アーカイブDIGITAL ARCHIVE港区教育史をご覧の方はこちらをクリックしてください。

港区教育史(上・下巻)

昭和49年に教育センターに教育史研究室」が設置され、
課題を設けた調査・研究が進められてきました。
資料収集は多岐に渡り、地域や学校の具体的資料をはじめ、
国、都、区の刊行物、近代教育関係書籍等約5万点を収集しています。

また、旧三区史や港区史、新修港区史にも教育に関する記録があり
これらを集大成する必要があるとの声が高まり、昭和57年に
「港区教育史編さん委員会」が組織され、約5年の歳月をかけて
昭和62年2月28日に港区教育史(上・下巻)」を刊行しました。

港区教育史 資料編(一・二巻)

昭和62年2月に刊行した教育史の編さん過程で、
教育史的に見て貴重な資料が数多くありましたが、
ページ数等制約から割愛せざるを得ませんでした。
そのためこれらの資料を生かすために、
「資料編」を作成すべきとの関係者からの強い要望がありました。

そこで、平成4年4月から5年をかけて平成9年9月に
「港区教育史資料編」を刊行しました
(平成9年は港区政50周年にあたる年でした)

MINATO CITY

デジタル
アーカイブ

DIGITAL ARCHIVE

表紙をクリックしてください。

  • 港区教育史

EDIT PROCESS

港区立学校の変遷

幼稚園

小学校

中学校

編さん過程

港区教育委員会は、平成29年3月15日に区政70周年を迎えるのを契機とし、 既刊教育史から経過した新たな教育史を編さんしていきます。

今後、新たな教育史の編さんを行っていく上で、その編さん過程を 公開していきます。