みなと 記憶の風景ランドスケープ

~区民のインタビュー映像~

港南周辺

大島 研二さん

  • 風景 港南

    今は昔、品川駅の港南口は木造の小さな駅舎があり、ホームにたどり着くためには、駅舎をくぐり、地下通用路を抜けていく必要がありました。この通路は、雨が降ると水浸しになり、人々は履物を脱ぎ、裸足で通路を抜けてからホームにあがり、靴を履きなおし、電車に乗った時代がありました。いまや人口が急増し、日々成長し続けている港南地区の思い出話をうかがいました。

  • ■大島 研二さんのプロフィール

    昭和14年(1939)大島研二さん誕生

    昭和21年(1946)東京都芝浦国民学校に入学

    昭和27年(1952)麻布学園(中学校・高等学校)に入学

    昭和33年(1958)慶應義塾大学商学部に入学

    昭和37年(1962)東京貿易株式会社に就職

    昭和39年(1964)家業を継ぐ

    昭和62年(1987)港区立港南小学校 PTA会長に就任

    平成  2年(1990)港南町会 会長に就任

    平成  3年(1991)港区立港南中学校 PTA会長に就任

    平成20年(2008)港区港南地域連合会 会長に就任

    平成28年(2016)藍綬褒章を受章(保護司)

    ■港南:インタビューメニュー

    生い立ちの風景(2:05)→品川駅の風景(3:02)→子ども時代の風景(4:39)→両親の風景(11:12)

    →仕事の風景(15:03)→かわりゆく港南の風景(17:48)→町会の風景(21:00)→高層マンションと風景(22:48)

    →港南の好きな風景(25:50)

    ■撮影コース

    品川駅港南口(3:00)→東京都中央卸売市場食肉市場(7:03)→品川シーズンテラス(8:16)→芝浦中央公園(8:44)→新港南橋(高浜運河)(13:25)→御楯橋(14:07)→港南中学校(17:30)→港南緑水公園(19:35)

■かつての港南の風景■

■港南の歴史をもっと知るためのキーワード■