みなと 記憶の風景ランドスケープ

~区民のインタビュー映像~

六本木周辺

谷口 光一さん

  • 風景 六本木

    東京ミッドタウンに隣接し、緑豊かな憩いの場である区立檜町公園の敷地は、かつて陸軍の駐屯地でした。少年の谷口さんは、囲いを越え「兵隊さん」を塀越しに眺めたそうです。戦後、学童疎開から戻ると家は焼け、一時は防空壕から学校に通いました。歩いた町は、今は、多くの人で賑わう繁華街・六本木となりました。革製品の事業が成功を収め、町会活動も積極的な谷口さんにミシンで職人の腕を披露していただき、六本木の思い出を伺いました。

  • ■谷口 光一さんのプロフィール

    昭和  8年(1933) 谷口光一さん誕生

    昭和14年(1939) 東京市三河䑓尋常小学校に入学

    昭和20年(1945) 都立芝商業学校に入学

    昭和23年(1948) 深川のハンドバッグ製造販売会社に住み込みで働く

    昭和36年(1961) 有限会社たにぐちを設立

    平成20年(2008) 六本木町会会長に就任(平成30年に退任)

    平成20年(2008) 六本木地区安全安心まちづくり推進会議 副会長に就任(平成30年に退任)

    平成25年(2013)頃麻布防犯協会 副会長に就任

    ■六本木:インタビューメニュー

    生い立ちの風景(2:17)→旧日本軍施設の風景(3:39)→遊びの風景(5:51)→旧三河台小学校の風景(7:28)

    →三河台公園の風景(8:19)→学童疎開(栃木県)の風景(9:51)→終戦の風景(12:45)

    →六本木交差点の風景(14:07)→仕事の風景(15:08)→東京ミッドタウンの風景(20:00)

    →町会の風景(21:10)→六本木の好きな風景(23:40)

    ■撮影コース

    六本木通り周辺(2:51)→檜町公園(5:01)→麻布警察署(旧三河台小学校)(7:25)→三河台公園(8:17)→六本木交差点(14:10)

■かつての六本木の風景■

■六本木の歴史をもっと知るためのキーワード■