ADEAC システムバージョンアップのお知らせ

2018年3月28日、ADEACシステムをバージョンアップいたしました。

ADEAC:デジタルアーカイブシステム

画面表示・機能に関する主なバージョンアップ内容をお知らせいたします。

1. 各機関のトップページに機械翻訳機能を追加

◇各機関のトップページに AI翻訳エンジンを用いた機械翻訳機能を追加いたします。

◇機械翻訳(自動翻訳)のため、必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。翻訳文によっては、本来の意味から外れた結果になる場合もあります。このことを十分ご理解の上ご利用下さい。

◇機関トップ画面右下に、言語選択ウインドウが表示されます。選択できる言語は「English(英語)」です。「日本語」を選択すると元の画面に戻ります。

◇言語選択ウインドウが表示されない場合は機械翻訳が準備中となります。時間をおいてアクセスいただくと表示されるようになります。

◇翻訳対象とするページは、機関トップ画面のみです。

2. 年表検索結果画面の更新

◇「日」を表示する列を「月」と「事項文」の間に新設いたします。

◇「事項文」「備考」の各表示内容にリンクタグを埋め込めるようにいたします。

3. 年表閲覧画面を新設

◇「年表閲覧」画面を新設いたします。

◇年表検索を実行しなくても、機関トップ画面における史資料一覧表、ヘッダ画面にある「年表閲覧」メニューをクリックすると表示されます。

◇同一史資料ID内に複数の年表がある場合、それらを互いに比較して表示することもできます。

4. 索引語に関する更新

◇索引語一覧画面上に説明文を表示できるようになります。説明文を設定した索引語について、それぞれの索引語の下に少し小さいフォントサイズで説明文を表示できます。

◇索引語をジャンル別に表示できます。索引語一覧画面右上の選択欄から「ジャンル別順」を選択します(索引にジャンルを設定していない場合は、選択しても索引語が表示されません)。

◇索引語の関連検索に対応します。例えば「芭蕉」という索引語に「松尾芭蕉」という語を設定すると、「芭蕉」という索引語をクリック時、「松尾芭蕉」も一緒に検索します。

5. 目録詳細検索機能の更新

◇詳細検索画面における「目録詳細」検索項目に、西暦年月日での検索機能が追加されます。

6. ウェブアクセシビリティへの対応

◇ウェブアクセシビリティを考慮したページ作成に努めます。

◇一部の画面(システムが動的に生成する画面が対象)につきまして、主として音声ユーザビリティの向上を目標にHTMLコーディング内容を改善いたします。

◇今回のバージョンアップ以降も段階的に、ウェブアクセシビリティに配慮したページ作成をすすめてまいります。

7. パーマリンクへの対応

◇目録詳細画面本文テキスト表示画面について、パーマリンクに対応いたします。これにともない、アクセス時のURL形式を次のように変更いたします。

・目録詳細画面

変更前

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11F0/WJJS07U/{機関ID}/{史資料ID}?mid={目録ID}

変更後

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11F0/WJJS07U/{機関ID}/{史資料ID}/{目録ID}

・本文テキスト画面

変更前

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11E0/WJJS06U/{機関ID}/{史資料ID}/?hid={本文ID}

変更後

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11E0/WJJS06U/{機関ID}/{史資料ID}/{本文ID}

8. テキストを含むPDF文書を検索対象として追加

◇各機関ごとのトップページ等につきまして、htmlファイルだけでなく、必要に応じてテキストを含むpdfファイルも検索対象とします。

9. その他

◇以上のお知らせに使用いたしました画像はイメージです。実際のものとは異なる場合がございます。

◇また、バージョンアップに関連する画面デザインや機能につきましては予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。

ADEAC:デジタルアーカイブシステム