ADEAC システムバージョンアップのお知らせ

2017年6月30日、ADEACシステムをバージョンアップいたしました。

ADEAC:デジタルアーカイブシステム

画面表示・機能に関する主なバージョンアップ内容をお知らせいたします。

1. トップ画面のカテゴリを廃止し、地域選択に変更

◇カテゴリ選択メニューを廃止し、日本地図の画像等を利用した地域選択画面に変更いたしました。

※トップページにカテゴリボタンがなくなるため、カテゴリ表示のための代替ページを準備いたします。代替ページのURLが必要な場合はご連絡ください。

2. 機関選択一覧画面に「地方」表示列を追加

◇機関選択一覧画面の「No」と「都道府県」の間に「地方」を表示いたします。

3. 機関選択一覧画面の概要表示内容を変更

◇機関選択画面概要欄の「+」アイコンを展開した際に表示される概要表示につきまして、刊本一覧(史資料一覧)が表示されるよう変更いたしました。

4. ヘッダメニュー、フッターメニューの変更

◇トップ画面ヘッダに設定しておりました「Foreign languages」メニューを廃止いたしました。

◇トップ画面等におけるフッターに設定しておりました「個人情報保護方針」メニューを廃止いたしました。

TRC-ADEAC株式会社ホームページ上には「個人情報保護方針」を表示いたしております。

◇各機関画面において表示されるフッターメニューを「利用規定」のみといたしました。

5. 機関ごとに利用規定を表示

◇各機関内の画面において表示されるフッターメニュー「利用規定」をクリックした際に、当該機関独自の利用規定を表示いたします。

6. 目録データ閲覧画面の項目名表示を変更

◇項目名を見やすく表示するため、中央寄せから左寄せにレイアウト変更いたしました。

◇タイトル類がなるべく上のほうに表示されるよう、管理記号類など一部項目につきましては表示位置を変更いたしました。

◇年代につきまして、和暦と西暦とを一緒に表示しておりましたがこれらを分けて表示いたします。

7. 撮影画像メタデータ閲覧画面の表示方法を変更

◇表示レイアウトを2段組みから1段組みに、項目名表示部を中央寄せから左寄せに、それぞれ変更いたしました。

8. 索引語の設定単位や表示順を変更

◇機関単位に表示していた索引語を刊本単位(史資料単位)に表示いたします。従来どおり、機関単位で表示することも可能です。

◇表示順を「出現頻度」優先の「よみ」の順としておりましたが、出現頻度優先という条件を廃止し、よみの順で表示いたします。

9. 年表画面における拡張項目の表示方法を変更

◇一部の年表には「事項文」の左側に拡張項目を表示しておりましたが、拡張項目を「備考」という項目とし「事項文」の右側に表示いたします。

◇複数の拡張項目を設定している場合、従来はそれぞれ別の列に表示しておりましたが、今後は備考列まとめてに表示いたします。

10. ログイン画面上の注記を削除

◇ログイン画面に記載されておりました注記を削除いたしました。

11. 横断検索画面における書誌情報表示の廃止

◇横断検索画面において、検索対象機関リンクをクリックした際に表示されていた書誌概要画面を廃止いたしました。

12. その他

◇以上のお知らせに使用いたしました画像はイメージです。実際のものとは異なる場合がございます。

◇また、バージョンアップに関連する画面デザインや機能につきましては予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。

ADEAC:デジタルアーカイブシステム