春日に基地があったころ
街の移り変わり図書館と学校
2-1 春日原ベース内の米軍宿舎

昭和41年頃

【解説】

基地の返還後は春日市役所、春日公園、クローバープラザ、航空自衛隊春日基地、九州大学、春日野小学校、春日野中学校、春日高校などになっている。

住所:春日市原町3丁目

2-2 春日原ベース正門

撮影年 不明

2020年(令和2年)撮影

【解説】

米軍接収前は旧陸軍造兵廠春日製造所北門として使用されていた。

住所:春日市原町3丁目

2-3 筑紫荘

昭和20年代

2020年(令和2年)撮影

【解説】

昭和18年に勤労動員学徒宿舎(九州飛行機株式会社南翔寮)として建てられた。昭和24年に県が買収し、海外引き揚げ者や住宅困窮者の入居先となった。

住所:春日市大和町1丁目4-1

2-4 小倉陸軍造兵廠春日製造所

平成元年4月

2020年(令和2年)撮影

【解説】

写真の建物は平成まで残っていたボイラー室。戦前は春日原競馬場があった。造兵廠解体時に出た建築材料は、戦後春日原商店街を建てる際に使用された。

住所:春日市原町3丁目

2-5 小倉陸軍試射壕跡

平成2年

【解説】

米軍接収時はモンキーハウス(牢屋)として改造使用された。

住所:春日市原町3丁目

2-6 基地内のスーパーマーケットBX(Base Exchange)

不明



住所:春日市原町3丁目

2-7 基地内下士官クラブと米軍将兵

不明



住所:春日市原町3丁目

2-8 基地の東門

不明



住所:春日市原町3丁目

2-9 司令部と思われる建物

不明



住所:春日市原町3丁目

2-10 住宅地区内司令官の家(DEPENDENT HOUSING)

不明



住所:春日市原町3丁目

2-11 住宅地区内2階建ての家(DEPENDENT HOUSING)

不明



住所:春日市原町3丁目

2-12 雑餉隈付近とみられる商店街

不明



住所:福岡市博多区銀天町3丁目

2-13 春日原商店街(ベース通り)

不明



住所:春日市春日原北町3丁目

解説を作成する際に参考にした資料

NOタイトル著者名出版者出版年
1写真でたどるむかしの春日春日市奴国の丘歴史資料館2005.1
2ため池がつぶされる春日市自然と歴史を守る会/編春日市自然と歴史を守る会事務局1987.5
3春日市教育誌 白水清陽/編春日市教育委員会1985
4米軍ハウスの世界春日ベース・ハウスの会春日ベース・ハウスの会2019.3
5春日市史 中春日市史編さん委員会/編集春日市1994
6春日市史 下春日市史編さん委員会/編集春日市1994
7大野城市史 下巻大野城市史編纂委員会/編大野城市2004.3
8春日町郷土誌春日町神社氏子総代会/編春日町神社氏子総代会1954.6
9あゆみ 昭和27年12月~昭和29年12月(No1~13)春日町公民館