下松市 郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ
トップ画像

ものづくりのまち発祥の地 宮ノ洲



宮ノ洲古墳 磯部家資料 矢嶋家・矢島家資料 その他資料

宮ノ洲について

古代から瀬戸内海交通の要衝であった宮ノ洲は、時代とともに重要な歴史を刻んできました。宮洲古墳からは、4面の銅鏡が出土し、江戸時代には、磯部家が塩田事業で隆盛を極めました。大正時代、実業家久原房之助が、広大な塩田を背景に「下松大工業都市建設計画」を発表したことから、工業化への道が開かれます。計画は、すぐに中止となりましたが、その後も工業都市として着実に発展した下松において、宮ノ洲は「ものづくりのまち」発祥の地といえます。

宮ノ洲古墳

国指定重要文化財

「三角縁盤龍鏡」

所蔵:東京国立博物館

国指定重要文化財

「三角縁神獣鏡」

所蔵:東京国立博物館

国指定重要文化財

「三角縁神獣鏡」

所蔵:東京国立博物館

国指定重要文化財

「内行花文鏡」

所蔵:東京国立博物館

磯部家資料

宮洲塩田図

所蔵:山口県立山口博物館

絹本著色「覧海軒図」

所蔵:山口県立山口博物館

漢詩「走筆戯贈」

所蔵:山口県立山口博物館

「旧豊井村磯部家資料」

所蔵:下松市立図書館

目次を見る

矢嶋家・矢島家資料

矢嶋邸水彩画(16点)

矢嶋作郎肖像画

矢島專平肖像画

矢嶋家・矢島家関係写真(9点)

その他資料

下松町及其附近久原用地平面図

所蔵:島の学び舎

1800年代初期の宮ノ洲の情景

所蔵:個人蔵

200年前の宮ノ洲と現在の鉄道と道路

所蔵:個人蔵

昭和30年代の東洋鋼鈑