宇部市教育委員会/宇部市デジタルミュージアム

宇部市の遺跡

宇部市内には旧石器時代から古墳時代までの数多くの遺跡があります。遺跡の遺構やそこから発見された石器や土器などの出土品は宇部地域の歴史を物語る貴重な歴史遺産です。ここでは宇部市の遺跡の中から代表的な遺跡と出土品を画像資料により紹介します。

月崎(つきさき)遺跡

所在地宇部市大字東岐波字月崎
時代縄文時代前期~晩期
遺構柱穴、炉、集石
遺物縄文土器、石鏃、尖頭器状石器、石錘、石匙、削器、楔形石器、石錐、打製石斧、磨製石斧、二次加工のある剥片、石皿、すり石、たたき石、土錘、玦状耳飾、サメ歯状石製品、土製耳飾、土偶

若宮(わかみや)古墳群

所在地宇部市大字東岐波字辰の前
時代古墳時代後期
遺構円墳(5基)、単室横穴式石室、複式横穴式石室
遺物須恵器、土師器、鉄鏃、鉄刀、鉄刀子、鍔、飾り金具、鉄斧、釣針状鉄製品、勾玉、管玉、切子玉、小玉、丸玉、耳環、滑石製紡錘車、滑石製未製品

松崎(まつざき)古墳

所在地宇部市藤山区松崎
時代古墳時代前期(4世紀後半)
遺構円墳、箱式石棺
遺物仿製三角縁神獣鏡、四獣形鏡、六弧内行花文鏡、勾玉、管玉、鉄斧、鉄鎌、鉄鍬先、鉄鉇、鉄刀、鉄剣、鉄鏃

上原田(かみはらんだ)遺跡

所在地宇部市大字東吉部字上原田
時代縄文時代早期~前期、晩期室町時代
遺構竪穴住居、住居状遺構、土坑、溝状遺構、柱穴掘立柱建物、土坑、溝状遺構
遺物縄文土器、石鏃、石匙、掻器、楔形石器、石錐、打製石斧、剥片土師器、土師質土器、瓦質土器、貿易陶磁器(青磁・白磁)、鉄鏃、鉄刀子、鉄釘、滑石製石鍋、鞴羽口、鉱滓、銭貨

上原田(かみはらんだ)遺跡

所在地
宇部市大字東吉部字上原田
時代
縄文時代早期~前期、晩期室町時代
遺構
竪穴住居、住居状遺構、土坑、溝状遺構、柱穴掘立柱建物、土坑、溝状遺構
遺物
縄文土器、石鏃、石匙、掻器、楔形石器、石錐、打製石斧、剥片土師器、土師質土器、瓦質土器、貿易陶磁器(青磁・白磁)、鉄鏃、鉄刀子、鉄釘、滑石製石鍋、鞴羽口、鉱滓、銭貨

波雁ヶ浜(はかりがはま)遺跡

所在地宇部市大字東岐波字水落
時代古墳時代中期~終末期(5世紀~7世紀後半)
遺構製塩炉
遺物製塩土器、須恵器、土師器、勾玉、石馬、土製スプーン

北迫(きたさこ)遺跡

所在地宇部市大字川上字蠣塚
時代弥生時代中期~後期
遺構竪穴住居、貯蔵穴、貝塚
遺物弥生土器、石包丁、紡錘車、小玉、植物遺体、動物遺体