立命館大学図書館   加藤周一デジタルアーカイブ


 青春ノート

「ノートⅦ 1940年5月-1941年5月」 の内容

          note1
[目録] ・各タイトルをクリックすると、該当の内容の書誌データが表示されます。
・画像欄の数字をクリックすると、該当ページの高精細画像が表示されます。

タイトル 内容 画像
1 (表紙) 1
2 〔無題〕 【目次】 2左
3 〔無題〕 【フランスにおける革命と共和制略年表】 2右
4 Anthologie d'Automne 【秋の詩アンソロジーの構想】 4左
5 音楽会の断想 【評論】 5左-8右
6 立原道造論序(続) 【評論】 8左-9左
7 アンドレ・シュアレス「ドビュッシイ」(1922年巴里) 【翻訳】【抄訳】【音楽】 10左-12左
8 覺書Ⅰ 【評論】 13右-14左
9 覺書Ⅱ 【評論】 14左-15右
10 覺書Ⅲ 友人Sにあたへる手紙 手紙に関する註 【評論】 15右-16右
11 覺書Ⅳ 【評論】 16左
12 覺書Ⅴ 【抜粋】 17右
13 覺書Ⅵ 「マルセル・プルーストの余白に」 【詩】 17
14 讃美歌に就いて 【評論】 18右-19左
15 風物誌 【断想】 20
16 倦怠に就いて 【評論】 20左-22右
17 牧場に就いて 【抜粋】 22左-23右
18 音楽的註解 【評論】【抄訳】 23左-25右
19 牧場に関する一挿話 【随想】 25左-27左
20 牧歌論 【評論】 28右-29左
21 音楽をめぐる夢想 Ⅰ【評論】 Ⅱ【随想】 30右-34左
22 純粋の一句を繞りて 【評論】 34左-36左
23 ジョルオヂュ・ガボリイの詩集「女たちだけのための詩」から 【抄訳】 39左-46右
24 「アルマンス・一八七二年に於ける巴里のあるサロン風景」の構造 【評論】 46左-47左
25 逝く年に 【詩】 48
26 風物誌 【随想】 48左-51左
27 フランシス・ジャム「櫻草の喪」一八九八-一九〇〇 【訳詩】 52右-53左
28 或る映画を見物したあとの感想 【評論】 53左-56右
29 美しくなるかも知れない風景或ひは思想の断片 【断想】【小説構想】 56左-63左
30 ヘルマン・バールの言葉 【抄訳】 64
31 JOURNAL de M S. CATHEAU 【読書日記】 69右-71右
冒頭は71右。左から右ページへ
32 〔無題〕 【年表】 71左