立命館大学図書館   加藤周一デジタルアーカイブ


 青春ノート

「ノートⅤ 1939年6月-1939年9月」 の内容

          note1
[目録] ・各タイトルをクリックすると、該当の内容の書誌データが表示されます。
・画像欄の数字をクリックすると、該当ページの高精細画像が表示されます。

タイトル 内容 画像
1 (表紙) 1
2 (藤澤正自選詩集 一九三八 表紙) 3左
(挟み込み)
3 〔無題〕 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【目次】 4右
(挟み込み)
4 タバコ (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 4左
(挟み込み)
5 孤独 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 4左
(挟み込み)
6 さびしさ (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 5右
(挟み込み)
7 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 5右
(挟み込み)
8 詩人T氏に (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 5左
(挟み込み)
9 むかしのねむり (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 5左
(挟み込み)
10 高貴な恋の物語 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 6右
(挟み込み)
11 プラトニック・ラヴ (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 6左
(挟み込み)
12 山の年齢 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 7右
(挟み込み)
13 千曲川 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 7左
(挟み込み)
14 白樺 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 8右
(挟み込み)
15 秋雨 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 9右
(挟み込み)
16 秋のうた二つ (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 9左
(挟み込み)
17 朝の喫茶店で (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 10右
(挟み込み)
18 街のうた (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 10左-11右
(挟み込み)
19 大島よ (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 11左
(挟み込み)
20 小舟・海 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 12右
(挟み込み)
21 芸術論 (藤澤正自選詩集 一九三八) 【詩】 12左
(挟み込み)
22 【詩】 14
(挟み込み)
23 或る日 【詩】 15左
(挟み込み)
24 カーネーションに 【詩】 16左
(挟み込み)
25 オフェリヤ 【詩】 17左
(挟み込み)
26 ハムレット 【詩】 17左
(挟み込み)
27 〔無題〕 【詩】 18左-19左
(挟み込み)
28 音楽会のまへ 音楽会のあと 【断想】 21
(挟み込み)
29 〔無題〕 【断片】【詩】 22
(挟み込み)
30 〔無題〕 【目次】 25右
31 “ユリイカ”に就いて 【評論】 27右-28左
32 Inspiration 【断想】 28左
33 断片 【評論】 28右-29左
34 人々 【評論】 29右-31右
29右から31左に飛ぶ
35 〔無題〕 【メモ】 30左
36 〔無題〕 【文献リスト】 30右
37 TRAIN POUR TRAIN 【評論】 31右-32左
38 自我に就いて 【評論】 32右
39 音楽の主題によるEtudes 【随想】【詩】 33
40 赤堤附近 【随想】【音楽】 34
41 港のうた 【詩】 35左
42 “人生は一行のボードレールにも若かない” 【評論】 35右
43 O氏に関するノート 【随想】 36左-39右
44 初夏帰郷賦 【詩】 40
45 草の雨 【詩】 41左
46 箴言集 【断想】 41左
47 人物記 【評論】 41右-42右
48 風土記断章 【断想】 43左
49 ハンス・カロッサ訳詩集Ⅰ 【原文と訳詩】 44
50 山日記 【評論】 45
51 山日記 神に感するノート 【評論】 46
52 山日記 浅間山とのDIALOGUE 【詩】 46右-47右
53 山日記 【随想】 48
54 山日記 【随想】 49左
55 山日記 【断想】 49右
56 山日記 【詩】 50左
57 山日記 【随想】 50右-51左
58 山日記 【随想】 51左
59 満洲の友人Hに与へる手紙 【書簡草稿】 51右-52左
60 或るストーリー 【小説】 52左-54右
61 いわし雲に就いて 【随想】 55
62 或るストーリー 【小説】 55右-56左
63 good-bye 【詩】 56右
64 NONSENSE 【詩】 57左
65 秋の風景詩 【詩】 57右
66 〔無題〕 【詩】 58
67 音楽に就いて 【評論】 59
68 冥想録 【随想】 60左
69 会話 【断想】 60右
70 或る夕暮の風景に 【詩】 61左
71 断想 【断想】 61右
72 美学 【詩】 62
73 l'art poétique 【詩】 62右
74 戦争に関する断想 【評論】 63
75 その後に来るもの 【評論】 64
76 PARLER EN VILLE VOISINE DE K. 【詩】 65
77 Le それを 【詩】 66
78 SOUVENIR D'UN JOUR D'ENFANCE 序 【詩】 67左
79 SOUVENIR D'UN JOUR D'ENFANCE つまらないことで 【詩】 67左
80 SOUVENIR D'UN JOUR D'ENFANCE 何もないと云ふこと 【詩】 67
81 雨に寄す 【詩】 68左
82 少女の庭 【詩】 68右
83 中原中也論 【評論】 69左
84 ソネット・メランコリヤ 窓 【詩】 69右
85 アフォリズム 【評論】 70
86 秋十月 【詩】 70右
87 日曜日 【詩】 71
88 健康行進曲 【詩】 72左
89 詩論 【断想】 72左
90 満月に捧げる歌 【詩】 72右
91 〔無題〕 【スケッチ】 73左
92 〔無題〕 【詩】 73右
93 〔無題〕 【文献リスト】 73右