外宮御師福嶋御塩焼大夫に関する、中世末期~近世の文書群。皇學館大学研究開発推進センター史料編纂所所蔵。全80通からなり、巻子2巻に装丁されている。永禄・天正の記載がある数点を除き、大半が年号を欠く。「福嶋御塩焼大夫」は福嶋勘左衛門家が称した御師銘で、外宮土宮御塩焼物忌職を世襲したことが由来とされる。


史資料名をクリックすると、目録が表示されます。
画像欄のアイコンをクリックすると、高精細画像が表示されます。

No 史資料名 編著者等 作成年(和暦) (西暦) テーマ 画像