豊橋市図書館/とよはしアーカイブ

戦前地図表示

昭和19年刊の「豊橋市街地図」と現在の地図との重ね合わせがしてあります。両図を重ねることで、豊橋空襲前の道路などの位置と現在の位置の違いがわかるようになっています。また、主要な箇所では、当時の建物の画像などをポップアップすることができます。
現在の地図との
重ね合わせを見る
重ね合わせ地図の使い方
  • 戦前地図はGooglemapのズームレベル14~17(画面左上の数字)で表示されます。
  • 画面左下のスライダーで戦前地図の不透明度を調節できます。
  • 赤いピンをクリックすると、ポップアップウィンドウが開きます。
    • ポップアップ写真は、画面の大きさによって表示される範囲が異なります。
  • スマートフォン・タブレットでは「現在地を表示」ボタンをタップすると現在地を表示します。
    • 端末の「位置情報サービス」の設定を「有効」にしてください。
    • お使いの機種・通信速度によっては現在地が表示できない場合があります。
    • PCでは表示できません。
昭和19年刊の
「豊橋市街地図」を
高精細画像で見る