たましん地域文化財団/デジタルアーカイブ

『多摩のあゆみ』

『多摩のあゆみ』は、当財団の設立母体である多摩中央信用金庫(現・多摩信用金庫)が店頭で無償配布する「茶の間の郷土誌」として、昭和50年(1975)11月に創刊されました。以来、年4回発行の季刊誌として、東京都の西部に位置する多摩地域の歴史・民俗・地理・自然などをテーマに、論考や情報などを掲載しています。


バックナンバー(創刊号~120号)

『多摩のあゆみ』バックナンバー

バックナンバーに関する問合せを多数いただいていますが、創刊以来40年を越えて第100号以前はほとんど在庫欠となっています。 ここでは、創刊号から第120号までをWeb上で公開しています。

画像をクリックすると各号の目次をご覧いただけます。

号ごとの目次から誌面を読めるだけでなく、地名・事項・人名等のキーワードから誌面を検索して読むこともできます。

赤色立体地図せきしょくりったいちず

赤色立体地図

令和元年5月発行の第174号より、新連載「多摩の歴史を立体視!―赤色立体地図の風景―」がスタートしました。赤色立体地図とは、 赤色の濃淡や明るさの違いで様々な地形の凹凸を詳細に表現した地図です。『多摩のあゆみ』誌面では見せられないカラー画像等を、 アジア航測株式会社様のご協力をいただき、順次、公開することにしました。公開する赤色立体地図は現在の地図(国土地理院)と重ねて 見ることもできます。


▲画面topへ
▲バックナンバーtopへ