多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

多古町の文化財

 約1万年前、多古の低地部分はまだ海の底でした。やがて海底の隆起によって陸地が増え、低地をぬうように流れる栗山川の流域には豊かな農耕文化が発展しました。栗山川からは約5500年前のものとされる一本木をくり抜いて作った丸木舟が出土しており、魚類の採取や交通の手段として海や川を利用しながら人々が生活をしていたことが窺えます。遺跡も多く、しゃくし塚古墳やおけ塚古墳など巨大な古墳が残っていることから、4世紀頃にはかなりの権力をもった豪族が支配していたと考えられます。

壺形土器(県指定有形文化財)

壺形土器

 志摩城跡(塙台遺跡)からは東日本最大規模の再葬墓群が検出。再葬の際に骨を入れるために使われた壺形土器が多数出土しました。 >>> 詳しく見る

   高精細画像    3D画像

人面付土器

人面付土器

 新城遺跡から出土した弥生時代の人面付土器です。 >>> 詳しく見る

   高精細画像

 多古地区は江戸時代、多古藩・松平氏一万二千石の城下町として栄えましたが、それ以前から、宿場町としての賑わいを見せていた場所でもあります。

木造伝妙見菩薩倚像もくぞうでんみょうけんぼさついぞう(県指定有形文化財)

妙見菩薩倚像

 妙見菩薩は、中世に多古(千田荘)を東の本拠としていた千葉氏の守護神として崇拝されていたもので、本像は高さ49.4cmの檜の寄木造で皮鎧を身に着け玉眼を入れた迫力ある妙見像です。本来は千田荘の中心原郷の妙見堂に伝来した像で、千葉本宗家が関係した13世紀後半(鎌倉時代)に遡る制作と考えられています。妙印山妙光寺の寺宝です。 【 目録

   3D画像

妙印山妙光寺

妙印山妙光寺みょういんざんみょうこうじ
 弘安年中 (1278~1287) に日蓮聖人の高弟・日朝が創建したと伝えられ、元禄11年 (1698) の縁起書には、天正5年 (1577) に染井村の原から現在の場所に移したと記されています。現在の祖師堂は享保14年 (1729) の建立とされています。当寺の日蓮像に聖人自らが鬚を植え付けたといわれ、別名「ひげのお祖師様」と呼ばれ人々から親しまれてきました。 【 多古町名所百選

交互みたがい御影みえい

交互の御影

 日蓮聖人と富木日常ときにちじょう上人が、お互いに相手の像を刻み、終世お互いの像に相対し敬慕しあったと伝えられているものです。正東山日本寺で春と夏の2回、特別拝観を行っています。 【 目録

   高精細画像

正東山日本寺

正東山日本寺しょうとうざんにちほんじ
 元応元年 (1319) に中山法華経寺の初祖常修院日常が開基、3世浄行院日祐が開山した北総一円の日蓮宗布教の拠点となる寺です。晩年の日常の隠棲寺であり、日蓮宗の本山寺院です。慶長4年 (1599) ~明治8年 (1875) までの間、学僧の学びの場である「中村檀林」がありました。270年余に亘り、延べ10万人もの僧侶たちが巣立って行ったといわれています。 【 多古町名所百選

多古町鳥瞰図

多古町鳥瞰図

 松井天山が昭和8年11月に多古町を描いたものです。

   高精細画像