船橋市西図書館 船橋市デジタルミュージアム キーワード検索 船橋市図書館ホームページへ


船橋ゆかりの画家・椿貞雄の作品を中心に、船橋市が所蔵する絵画の一部を公開します。

―椿貞雄―
明治29年-昭和32年(1896-1957) 山形県米沢市生まれ。画家。絵の道においては岸田劉生から、思想や人生観においては白樺派の武者小路実篤、長与善郎らから強い影響を受けました。大正15(1926)年に船橋町立小学校(現船橋小学校)の図画教員となったことをきっかけに、昭和2(1927)年に船橋へ居を移し、昭和32(1957)年に61歳で死去するまで船橋に居住しました。

「船橋市民新聞(特集椿貞雄画伯を悼む)昭和33年1月18日」を見る

番号資料名作者年代備考
1雪の桜島雪の桜島椿 貞雄昭和31年
2伊豆風景伊豆風景椿 貞雄昭和3年
3諸果図諸果図椿 貞雄昭和5年
4アンドレ像アンドレ像椿 貞雄昭和7年
5富士図(精進湖)富士図(精進湖)椿 貞雄昭和29年(昭和30年加筆)
6画家の妻(隆子)画家の妻(隆子)椿 貞雄昭和5年
7八重子八重子椿 貞雄大正7年
8赤富士赤富士椿 貞雄昭和15年
9ある日の画家の風景ある日の画家の風景椿 貞雄未詳
10四季の図四季の図椿 貞雄昭和9年
11冬瓜冬瓜椿 貞雄昭和20年
12婦人像婦人像Pierre-Auguste Renoir未詳
13菜根図菜根図岸田 劉生未詳