さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

作品

子供の頃から歌を詠み、生涯歌人として活動を続けた大西民子。詠まれた歌は歌集や新聞・雑誌などで発表されたものだけでも7000首以上あります。
このページでは大西民子が詠んだ短歌の他、学生時代に作成した手作りの歌集などを閲覧できます。

全短歌(10824首)

歌集及び雑誌・新聞等に発表のもの。

歌集未収録の短歌

新聞や雑誌などに掲載されたが歌集に未収録の作品。

歌稿(五十音順)

歌集に未収録で、出典が明らかでないもの。

初期の手作り歌集等

遺品より、大半が未発表の手作り歌集(「(2)初夏のうた」のみ詩集)が十六冊見つかった。
番号が附せられたものもあるが、欠番・無番号のものもあり揃っていない。
これらは、奈良女子髙師の学生時代から、郷里の女学校教師時代のもの(昭和十六年~二十一年頃)と思われる。