信濃史料 巻二十三_6