高根沢町立図書館

高根沢町史 正誤表

通史編Ⅰ
ページ
23 宇部宮層群 宇都宮層群
190 8 同じ文化圏であったと考えらる。 同じ文化圏であったと考えられる。
201 13 埋設されもので 埋設されるもので
256 コラム 在りし日の古墳 節の途中にあるため、262ページに移動
276 18 須恵器がは入ってくる 須恵器が入ってくる
292 1 石室と披葬者 石室と被葬者
364 6 文治三年(一一八七) 文治五年(一一八九)
374 13 代表的なのもの 代表的なもの
376 12 将軍源頼経 将軍藤原頼経
465 3 (史料編I・五六七頁)よれば、 (史料編I・五六七頁)によれば、
501 3 第九十四号 平成七年九月 第九十四号 平成七年九月)
506 7  近江田中定良 〔空白の表記〕  近江田中定良 □□□□
700 4 再重要課題 最重要課題
793 6 「荒地作付帳」作成され、 「荒地作付帳」が作成され、
795 14 また貸付け名目を偽っときは また貸付け名目を偽ったときは

通史編Ⅱ
ページ
目次9 13 演劇興業と正月風景 演劇興行と正月風景
目次9 14 演劇興業の楽しみ 演劇興行の楽しみ
目次16 17 食料増産政策の 食糧増産政策の
10 13 一〇月一一月 一〇月一一日
17 17 聴に訴えること 庁に訴えること
22 15 堤防こと 堤防のこと
43 表15 10年2年 10年2月
70 表23 一段目に「一」、二段目に「二」を追加
94 表31 パーセセント パーセント
101 10 各方面にわったて 各方面にわたって
112 10 橋の修繕についてはみると 橋の修繕についてみると
112 17 また 神武天皇遥拝式事務 また、神武天皇遥拝式事務
127 1 活発した 活発化した
147 16 審議されたが 審議されたか
179 7 県内においで 県内において
188 12 計画されてた 計画されていた
194 9 南摩興業銀行と弥し 南摩興業銀行と称し
202 6 それに金箔四四〇片を包み それを金箔四四〇片に包み
210 11 徴兵適令期の 徴兵適齢期の
227 12 謹シデ 謹ンデ
249 2 両師国 両師団
250 6 西軍は交戦状態に 両軍は交戦状態に
286 6 四 植付が終了したらは大字惣代に 四 植付が終了したら大字惣代に
340 1 つながなず つながず
360 8 俸給領収書を待たせ 俸給領収書を持たせ
360 13 ・一〇月四日 ・一〇月二四日
365 表46 北高根沢太田 北高根沢村太田
376 7 近代化されたいっても 近代化されたといっても
379 3 電灯が灯るとことで、 電灯が灯ることで、
380 8 各組総代が当たることした 各組総代が当たることとした
384 15 緒言に「村是制定の趣旨は「村ノ状勢ヲ 緒言に、村是制定の趣旨は「村ノ状勢ヲ
506 1 三割負担する(史料編Ⅲ・八三一頁) 三割負担する(史料編Ⅲ・八三一頁)。
551 表20の(1) 価単 単価
561 9 待ツヘシ 待ツベシ
561 13 に対拠した。 に対処した。
562 4 実行スヘキ 実行スベキ
562 表22 変更スルコトアルヘシ 変更スルコトアルベシ
564 6 万全ヲ期スヘシ 万全ヲ期スベシ
568 表23 昭11年2月より採録 昭和11年2月より採録
597 15 麦桿 麦稈
685 1 締観 諦観
697 表6 熱田村 熟田村
700 表7 熱田村 熟田村
702 表9 熱田村 熟田村
718 17 面積四四、六平方キロメートル 面積四四・六平方キロメートル
743 表12 農業組収益 農業粗収益
770 16 求めることとなったである。 求めることとなったのである。
789 9 さげばれてきた。 さけばれてきた。
790 5 始った 始まった

民俗編
ページ
発刊のことば 5 心より感謝申し上げます 心より感謝申し上げます。
目次5 4 米麦の調整 米麦の調製
目次6 7 たくあん漬け たくわん漬け
目次6 11 食料の貯蔵 食糧の貯蔵
目次7 4 母屋での暮し 母屋での暮らし
目次10 8 初節句 初節供
目次17 4 戦没慰霊碑 戦争慰霊碑
目次21 9 ゴダイギブルマイ ゴタイギブルマイ
目次22 3 死葬束 死装束
目次23 4 宝積寺の白髭神社の 宝積寺白髭神社の
目次24 14 妙顕寺の御会式 妙顕寺のお会式
目次27 14 執筆者一覧 執筆分担一覧
目次27 16 高根沢町史編さん関係者名簿 高根沢町史関係者名簿
口絵3 4 客棟と(右)と 客棟(右)と
9 表2 人/km 人/km2
25 17 言いい 言い
28 4 意外 以外
29 5 でない できない
29 11 セチメートル センチメートル
37 10 入れもので 入れたもので
40 7 とわれ といわれ
41 1 オリツパカ オリッパカ
48 5 調整 調製
49 図38 調整 調製
72 16 ほとんどになくなり ほとんどなくなり
73 17 センチメー センチメートル
75 1 置いため 置いたため
78 8 中阿津 中阿久津
83 11 一〇チメートル 一〇センチメートル
89 4 人口受粉 人工受粉
96 1 薄なる 薄くなる
97 2 軽減すもの 軽減するもの
102 11 「つきの輪」とわれる縄で作った 「つきの輪」といわれる縄で作った
103 18 五五セチメートル 五五センチメートル
105 6 必要でせず 必要とせず
121 5 祝わわれて 祝われて
127 9 縫えるようなになる 縫えるようになる
133 5 かわいらさ かわいらしさ
136 5 調整 調製
196 コラム イロリやカマドと燃料 節の途中にあるため、198ページに移動
197 5 何も理解理解できない 何も理解できない
204 10 残るったもの 残ったもの
207 コラム 上高根沢・簗瀬のS家の各施設 節の途中にあるため、208ページに移動
207 3 文政六年(一八二三)建築 文政六年(一八二三)建築。
207 28 調整 調製
217 12 通づる道である 通ずる道である
241 2 花市 初市
241 7 味をつけしたケンチン汁 味つけをしたケンチン汁
249 18 小集落はをクミ(組)といい 小集落はクミ(組)といい
250 1 杉の内組とか杉の内組といった。 杉の内組とかさぬき内組といった。
260 17 中区一丁目一斑 中区一丁目一班
261 13 調整 調製
267 2 定期的に行わり、 定期的に行われ、
273 3 堤燈 提燈
283 図20 調整 調製
290 4 暮らしため 暮らすため
293 表5 吾町歩以上 五〇町歩以上
300 3 調整 調製
300 5 調整 調製
311 17 村社となった 村社となった。
315 3 縁結びの神とわれる 縁結びの神といわれる
349 3 太鼓や御輿はは 太鼓や御輿は
351 5 天棚を回りを三周し 天棚の回りを三周し
356 10 一月一〇を 一月一〇日を
360 4 鬼怒川を行くの 鬼怒川を行く
364 7 安全をのために 安全のために
366 6 青森県日連取立正青年会 青森県日蓮宗立正青年会
369 1 四五番 福岡 小池由之助家 四六番 福岡 小池由之助家
381 15 一六日の行われる 一六日に行われる
381 17 お斎とき お斎(とき)
391 16 十二番 あわにくに 十二番 あわのくに
393 3 あめのるよも あめのふるよも
525 3 下坂改宗記念碑 下坂改修記念碑
570 10 実情をを儀礼化した 実情を儀礼化した
597 5 調整 調製
597 11 調整 調製
651 7 意味したのものである。 意味したものである。
729 5 呼ばれれている 呼ばれている
749 5 残されいる。 残されている。
753 2 五行川にの近くに 五行川の近くに
757 12 身代わりなったり 身代わりになったり
765 15 出てている 出ている