酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ

『酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ』 ヘルプ

1.トップ画面の見方
2.テーマから資料を読む
3.「光丘文庫」資料一覧を見る/ 「光丘文庫」以外の資料一覧を見る
 (1)目録一覧画面
 (2)目録データ画面
 (3)高精細画像画面(ビューア)の見方
 (4) 原本と翻刻の[並べ]/[重ね]の表示
4.「酒田市年表」の見方
 (1)
年号選択画面
 (2)年表キーワード画面
5.地図と写真で見る100年前の酒田<NEW!>
空中写真で見る70年前の酒田<NEW!>
6.
キーワード検索
 (1)キーワード検索画面
 (2)キーワード検索結果画面(目録)
 (3)キーワード検索結果画面(本文テキスト)

1.トップ画面の見方

  ・画面上部のツールバー、またはメニューから各ページへ移動します。
  ・最下部にある[史資料一覧を表示する]の一覧からもご覧いただけます。


2.テーマから資料を読む

  ・「テーマから資料を読む」では、テーマからそれぞれ時代を絞って資料(解説)をご覧いただくことができます。


・[目次へ]をクリックすると、「人物」「書物」「地図」「建造物」「その他」の、解説文の[目次](一覧画面)が開きます。
・目次は展開したり、たたんだりすることができます。
・目次の項目名から解説文に移動することもできます。
・トップページに戻るには、画面左上にある[酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ]、または、ツールバーの[ホームボタン]をクリックしてください。

3.「光丘文庫」資料一覧を見る

・[「光丘文庫」資料一覧を見る]または[「光丘文庫」以外の資料一覧を見る]をクリックすると、目録一覧ページが開きます。
 ここでは[「光丘文庫」資料一覧を見る]を例にとってご案内します。

(1)目録一覧

・「タイトル」欄の項目をクリックすると、個別の[目録データ](形態、年代、著者、解説等)をご覧いただけます。
・「画像」欄の画像サムネイルをクリックすると、高精細画像画面(ビューア)が開きます。
 高精細画像画面(ビューア)は、[目録データ]画面、文書名(タイトル)横の画像サムネイルをクリックしても開くことができます。

(2)目録データ

・「文書名」横の画像サムネイルをクリックをクリックしても、[高精細画像画面(ビューア)]を開くことができます。

(3)高精細画像画面(ビューア)の見方

・高精細画像画面(ビューア)では、画像の拡大・縮小、回転することができます。
・拡大・縮小、回転、移動した画像は[リセット]で画面枠に収まる表示に戻ります。
・左上のタイトルをクリックすると、[目録データ]画面に移動します。
・[付箋]とは、表示されている画像の位置と拡大率を記憶する機能です。
  記憶した[付箋]をクリックすると、記憶した状態の画像に戻ることができます。
・[付箋]は15個まで使用できます。

(4)「重ね」「並べ」機能
・目録一覧画面の画像サムネイルに[翻刻あり]と表示されているものは、「重ね」「並べ」機能をご利用いただけます。
 原本(刊本)と翻刻の画像を、重ねたり、左右に並べてご覧いただける機能です。

・[重ね]
 右下のスライダーをドラッグすると、原本(刊本)に翻刻を重ねてご覧いただけます。
 右上の[重ねスライダー非表示]をクリックして、スライダーの表示/非表示を切り替えることもできます。



・[並べ]
 右上の[並べ]をクリックすると、原本(刊本)と翻刻を左右に並べてご覧いただけます。

 右上の[重ね]をクリックすると、元の画面に戻ります。
 (※[リセット]では戻りません。)

 [重ね][並べ]とも、原本(刊本)と翻刻の画像は、移動や拡大・縮小が連動しています。
 (※お使いのブラウザの環境により、表示されない場合があります。)

4.「酒田市年表」の見方

・[酒田市年表]のバナーをクリックすると、年号(元号)一覧と、[年表キーワード]のページが開きます。

(1)年号選択画面
・年号(元号)をクリックすると、さらに一年ごとの一覧が展開されます。
 一年ごとの年号(元号)をクリックすると、詳細な年表をご覧いたただけます。

・[年号選択]をクリックすると、元の画面(酒田市史年表年号(元号)一覧)へ戻れます。
・[目次へ]をクリックすると、「酒田市史年表」の年号、テーマを一覧でご覧になれます。
[目次]画面から項目をクリックすると、上記の詳細な年表の画面が開きます。
(2)年表キーワード画面
・[年表キーワード]では「火事」「飢饉」「事故」「地震」「水害」「病気」「港」の7つのテーマで、年表から絞り込んでご覧いただけます。

5.地図と写真で見る100年前の酒田
<NEW!>
空中写真で見る70年前の酒田
<NEW!>

・現在と過去の地図を重ねて見たり、ピンで指定された場所の解説文を閲覧していただけます。
 また、Googleマップの一部機能(拡大・縮小、ストリートビュー、地形等)もご利用いただけます。
 ここでは[地図と写真で見る100年前の酒田]を例にご案内します。

・バナーをクリックすると、[酒田市街全図掲載の建物一覧]画面が開きます。

・「大正7年の酒田市全図とGoogleマップを見る」をクリックすると、地図画面が開きます。
・項目名(地名)をクリックすると、解説画面が開きます。

・現在の地図(Googleマップ)の上に、昔の地図が乗っているような状態で表示されますが、左下の[酒田市街全図]バーのスライダーを ドラッグして、昔の地図の濃度を変更して重ねて見たり、表示/非表示を切り替えることができます。

・地図の濃度を43%で表示したところ。

・昔の地図を非表示にしたところ。

・ピンをクリックすると、地名が表示されます。(※地名は現在のものです)
 地名に下線のあるポップアップをクリックすると、詳細な画像と解説文をご覧いただけます。

・右上の[目次へ]をクリックすると、地図上のピンの地名を一覧できる[目次]画面へ移動します。
 [前へ][次へ]をクリックすると、この[目次]画面の項目順に、解説を見ることができます。

・項目名(地名)をクリックすると、詳細な解説の画面に移動します。
・[酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ]をクリックすると、トップ画面に戻ります。

[その他の地図の機能]
・ズームイン

・ズームアウト

・ストリートビュー、ペグマン

 ペグマンとは、Googleマップ上で使用される黄色い人型のアイコンのことです。ストリートビューと連携しています。
 ペグマンを地図上にドラッグ&ドロップすると、青い線が表示されます。青い線をクリックすると、その地点での ストリートビューがご覧いただけます。

・航空写真

 左上の[地図/航空写真]をクリックすると、表示を切り替えることができます。

・地形図

 左上の[地図]をクリックすると、[地形]のチェックボックスが表示されます。
 チェックボックスにしるしを入れると、地形図で表示されます。

6.[キーワード検索]

・ トップ画面のツールバーの[詳細検索]をクリックすると、[キーワード検索]画面が開きます。

・[検索対象]のラジオボタンで検索対象を指定しキーワードを入力、「検索」ボタンをクリックしてください。
 複数のキーワードで検索したい場合は単語をスペースで区切り、AND または OR を選択後に[検索]ボタンをクリックしてください。

[検索結果画面(目録)]

・検索結果は以下のように表示されます。
・「タイトル」欄の項目をクリックすると、目録詳細画面に移動します。
・「画像」欄のサムネイルをクリックすると、高精細画像画面(ビューア)へ移動します。
・検索したキーワードは赤字で表示されます。

・下図は本文検索結果画面です。
 右上の[ソート機能]で[掲載ページ順]、[ヒット数順]の切り替えができます。

・[本文テキスト検索結果]画面の項目名(見出し)をクリックすると、[本文閲覧画面]が開きます。
 [本文閲覧画面]では、検索したキーワードが黄色でハイライト表示されます。